DOCOMO BF-01D ポート開放

DOCOMOのXi/LTE通信対応モバイルブロードバンドルータBF-01Dのポート開放手順の説明です。このルータの特徴は、バッファロー提供の商品なので、(プロバイダはmoperaUでも)PS3やPSVITAのオンラインゲームとの相性がよく快適に楽しめるとご連絡をいただきました。もし自宅に光回線を引きこみ出来ない方で、オンラインゲームなどでお困りの場合はこちらの商品をご用意で通信環境を改善できるかもしれませんのでご参考までに。

ただし、moperaUには規制ポートがありますので、該当ポート番号を使うコンテンツの障害を取り除くことが出来ないのでご了承願います。docomo データ通信のポート開放が出来ない問題

その他の特、まずタブレットやスマートフォンやパソコン含めて全部で12台同時インターネットすることが可能です。通信速度はXi通信地域であれば、下り最大75Mbps、上り最大25Mbpsとなり、付属のクレードル装着で有線LANでのインターネットも可能。また、アクセスポイントモードとしても利用できるので、将来フレッツ光を導入した際に、無線LAN環境をこの機器で代替させることが可能です。対応無線通信モードはIEEE802.11b/g/nで、AOSS方式で簡単に無線LAN設定を行うことが可能です。

スポンサーリンク

ルータの設定画面を開くには

パソコンで設定画面を開く場合は、付属のユーティリティを使って設定画面を開く事も出来ますし。次のURLからも開くことが可能です。

ログイン画面が表示されたら、ユーザ名はroot、パスワードは空欄でログインすれば設定画面を開くことが出来ます。無線LAN設定される方はこちらを参照下さい。

もしも上記ログイン画面ではなくエラーとなる場合はルータにログインできないページを参照下さい。

備考、ユーティリティーはルータ本体からインストール出来ます。付属のUSBケーブルでパソコンと繋いで、CONNECTボタンを押すとユーティリティーのセットアップが開始されます。

準備としましてIPアドレスを固定します

まずパソコン側のIPアドレスを固定してしまいます。

IPアドレス:192.168.13.80

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.13.1

優先DNS:192.168.13.1

代替DNS:空欄で構いません

固定できたら必ずパソコンを再起動ください。

ポート変換を開きます

設定画面が開きましたら、一番上のゲームアンドアプリを開き、二段目のメニューポート変換を開きます。

次に左上のポート変換を開きます

こちらのポート変換設定にポート開放設定を作成します。

ポート開放手順の説明

まず練習と致しましてWEBサーバのポート開放を作ってみましょう。サーバツールに付きましてはインストール不要なANHTTPDがお勧めです。

  1. 新規追加に任意の名称を入力します 例 httpd
  2. Internet側IPアドレス:BF-01DのInternet側IPアドレス(変更しない)
  3. プロトコル(WAN側) TCP/UDPにチェックを入れます。
  4. 任意のTCPポートを選びます
  5. 任意のTCP/UDPポート:80
  6. LAN側IPアドレス右側プルダウンから手動設定を選択
  7. 手動設定:192.168.13.80
  8. プロトコル(LAN側):空欄(ポート変換したい場合に指定します)
  9. 新規追加

以上で入力作業完了です

スポンサーリンク

設定が完了出来ましたら、ANHTTPDを起動した状態で、左メニューにあるポート開放チェックから80番を入れてチェックしてみてください。ポートは開いてますとあれば作業完了です。

ポート変換させてみよう。例えば、ネットワークカメラのデフォルトポートは上のサーバ用のポート番号と同じ80番を使うのですが、外出先からアクセスする場合、普通にドメイン名で開かせたくない場合など、任意のポートを設定し、LAN内にある80番ポートへ変換させることが可能となります。

  1. 新規追加に任意の名称を入力します 例 httpd
  2. Internet側IPアドレス:BF-01DのInternet側IPアドレス(変更しない)
  3. プロトコル(WAN側) TCP/UDPにチェックを入れます。
  4. 任意のTCPポートを選びます
  5. 任意のTCP/UDPポート:8080
  6. LAN側IPアドレス右側プルダウンから手動設定を選択
  7. 手動設定:192.168.13.80
  8. LAN側ポート:80(ポート変換しない場合は通常空欄)
  9. プロトコル(LAN側):空欄(ポート変換したい場合に指定します)
  10. 新規追加

こうすることで、例えば、ネットワークカメラアクセスドメインがhttp://mycam.com/だった場合、http://mycam.com:8080/としないとアクセスできなくすることが出来ます。備考、ルータ側のUPnPを無効にする必要があります。このように内部と外部のポート変換等の応用が可能となります。

その他のポート開放設定例

ポート番号の項目を、アプリケーションやサーバツール又なハードウェアが使用するポート番号へ任意に変更で対応可能です。

minecraftのサーバ設定例。

  1. 新規追加に任意の名称を入力します 例 any
  2. Internet側IPアドレス:BF-01DのInternet側IPアドレス(変更しない)
  3. プロトコル(WAN側) TCP/UDPにチェックを入れます。
  4. 任意のTCPポートを選びます
  5. 任意のTCP/UDPポート:25565
  6. LAN側IPアドレス右側プルダウンから手動設定を選択
  7. 手動設定:192.168.13.80
  8. LAN側ポート:空欄
  9. プロトコル(LAN側):空欄(ポート変換したい場合に指定します)
  10. 新規追加

ご質問の多いUDPポートの設定です。緋想天10800番で説明します。

  1. 新規追加に任意の名称を入力します 例 any
  2. Internet側IPアドレス:BF-01DのInternet側IPアドレス(変更しない)
  3. プロトコル(WAN側) TCP/UDPにチェックを入れます。
  4. 任意のUDPポートを選びます(間違えやすいです)
  5. 任意のTCP/UDPポート:10800
  6. LAN側IPアドレス右側プルダウンから手動設定を選択
  7. 手動設定:192.168.13.80
  8. LAN側ポート:空欄
  9. プロトコル(LAN側):空欄(ポート変換したい場合に指定します)
  10. 新規追加

設定を追加出来ましたら、UDPポートチェックツールを取得して手動ポート10800と入力し回線チェックして下さい。

説明は以上です。不明な点あれば気軽にBBSへご質問下さい。

その他設定マニュアル関連

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする