SoftBank 101SB au光やフレッツ光の無線APとして使う方法

SoftBank 101SBの無線ルータの通信機能で利用できないサービス例えばPS3のオンラインゲームでお困りの方は別途フレッツ光やau光をご契約頂いて101SBを無線アクセスポイントとして利用する手順の説明です。この方法であればPSVITAも繋がりますしNATタイプ2でオンラインゲームを楽しむことが可能になります。

スポンサーリンク

付属のクレードルを用意する

クレードルを用意して101SBをクレードルに装着しACアダプターで電源を確保します。そうしないと有線LANアダプターへ電源供給できないので繋がりませんのでご注意下さい。

クレードルのLANポートに付属のLANケーブルを繋ぎます。

購入時LANケーブル(短めのもの)が付属していたと思います。それを10番の差し込みに繋ぎます。

繋いだLANケーブルの反対側を用意したフレッツのルータ又はauのホームゲートウェイと繋ぎます。PCを繋ぐ場所に差し込みます。

スポンサーリンク

上記で準備完了となります後は101SBの有線接続を有効化にしてブリッジモードにしてしまいます。ポート開放を参照し設定画面を開きます。設定のインターネット設定からインターネット有線を開きます。接続モードをブリッジモードにチェック。IPアドレスは自動取得にしてください。設定反映を選択

これで作業完了になると思いますがもしもブリッジできない場合は3G通信とインターネットWi-Fi(ソフトバンクのWi-Fiアクセスポイントにつなぎに行ってしまう)をそれぞれ無効化にしてみて下さい。

元に戻すにはリセットして工場出荷時設定に戻してもらえれば元のモバイルブロードバンドルータとしてご利用頂けます。リセットスイッチはカバーを開いて図の8番の爪楊枝の様な細い棒で押す事で工場出荷時設定に戻り元のモバイルルータとして利用可能です。

説明は以上です。無線APとして利用する場合も下記のWi-Fiつなぎかたと同じ手順で各種端末をインターネットに繋ぐことが可能です。

無線LAN関連説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする