SoftBank 101SB 勝手にログアウトする無線通信が安定しない場合

SoftBank 101SBに繋いでいるPS3やVITAのPSNサーバログアウト問題や、アメーバピグが頻繁にログアウトする、メッセンジャーからログアウトしてしまう場合の改善手順と、無線が全く繋がらないもしくは不安定になる場合の無線動作設定項目変更手順説明です。

設定画面を表示する

まずパソコンを使いSoftBank 101SB ポート開放説明を参照し設定画面を開きシステムメニューを開きます。

スポンサーリンク

頻繁にログアウトしてしまい場合

設定画面が開いたら管理から省電力を開きます。

  1. スタンバイ
  2. ディープスタンバイ
  3. 自動パワーオフ

上記全て使用しないに変更し設定反映を選んで下さい。このサービスは無通信状態になると自動的にルータが休止又は電源OFFとなりセッションがオンラインゲームサーバやアメーバピグそれにメッセンジャーから終了してしまうことによるログアウト問題を低減することが可能になります。

スポンサーリンク

上記を変更しても不安定を解消できない場合は無線LANチャンネルを固定化設定下さい。LAN設定メニューからLANWi-Fiメニューを開きます。チャンネルを自動から5/6/7何れかに固定下さい。設定反映をクリック。その上で通信が安定するかをご確認下さい。

無線LANが全く繋がらない場合

無線LANが全く繋がらない場合は無線動作モードを安定的なIEEE802.11b固定動作モードに変更してみて下さい。例えばDSやPSPは802.11b通信なら繋がる場合があります。但しbは最大11Mbpsの速度しか出ないです。bで繋がったらもう少し高速な802.11b/gに変更してみて下さい。それでつながれば最大54Mbpsで通信が可能になります。切り替えたら設定反映をクリックして保存してから通信試行下さい。

説明は以上です。一応上記設定を行なっても問題解決しない場合は電波問題の可能性もあります。基地居から近いかもしくは機器を設置している場所から遠くの部屋に端末を置いている等の場合はなるべく近くで通信が安定しないかをお試し下さい。

無線LAN関連説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする