WHR-G54SのWAN側IPアドレス固定

フレッツ光プレミアムのCTUルータにWHR-G54Sを接続して二重ルータとなってしまった場合のポート開放説明です。

通常はWAN側IPの固定を行う場合は固定グローバルIPアドレスを取得した場合のみに使用するのですが、フレッツ関係でDHCP払い出しとローカルIPを登録しないとポートが開放出来ない場合の特殊説明です。

スポンサーリンク

WHR-G54Sの設定画面を表示

設定手順の説明

ますバッファロールータの設定画面を表示します。

http://192.168.11.1/ のアドレスをInternetExplorerのアドレス欄に入力しEnterキーを押すとログイン画面が表示されます。もしも設定画面が表示できない場合はパソコンにセットアップされているバッファローAirStation設定ツールからアクセス下さい

ユーザー名に root

パスワード 空欄(何も入力しません)

を入力しOKをクリック。

設定画面が表示されましたら、WHR-G54SのWAN側マックアドレスを確認し控えてください。これはCTUのDHCP払い出し設定に必要になります。

ルータメニューのシステム情報をクリックします。

表示されたシステム情報のWAN項目にあるMACアドレス右横にある 英数混在(16進数と言うのですが)の12個の番号を控えます。バッファローマックアドレスサンプルを拡大したものです。確認出来ましたら、ルータ設定画面左上メニューTOPからルータ設定画面トップページを表示します

スポンサーリンク

トップページが表示されましたら詳細設定をクリックします。

表示された左側メニューのLAN設定を表示し、IPアドレス取得方法にWHR-G54SのWAN側IPアドレスを固定します。

IPアドレス取得方法にある手動設定をクリックしてチェックを入れます。

IPアドレスには 192.168.24.60 と設定して見ましょう。当サイトにあるCTUのIPアドレスサンプル192.168.24.51としても構いません。

サブネットマスク 255.255.255.0

入力できましたら設定を押して作業完了です。 後はDHCP払い出し登録に以下に固定したIPアドレスとマックアドレスを登録して、静的IPアドレス変換で開きたいポートを開放設定します。その上でWHR-G54SにパソコンのIPアドレスを元にポート開放設定を行えば作業完了です。

説明は以上ですが、他に光回線の場合plalaさんご利用であればネットバリアーベーシックの解除や、OSがXPやVISTAのファイヤーウォール設定等の変更を行う事でポートを開く事が出来ます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする