CG-WLBARGSF WAN側IPアドレス固定

フレッツ光等のNTT回線を契約時にレンタルされるCG-WLBARGSF WLCB54GSFのWAN側IPアドレス固定説明とマックアドレスの確認方法の説明です。

この説明は主に、CTUへのポート開放時でこのルータを接続されている二重ルータ環境下でポートを開放を行う際、手順説明です。

この方法を利用すれば、広帯域接続を設定する事により、パソコンにグローバルIPアドレスを取得しインターネットへ接続する事が出来ます。

一般的にはブリッジモードへ変更して設定を行う必要がありますが、変更出来ない方は以下のWAN側IPアドレスを固定してCTUへポート開放設定を行い、その上でこのパソコンのIPアドレスを指定しルータにポート開放を行ってください。

スポンサーリンク

設定手順の説明

設定手順の説明

まずコレガルータの設定画面を表示します。

http://192.168.1.1/ のアドレスをInternetExplorerのアドレス欄に入力しEnterキーを押すとログイン画面が表示されます。

ユーザー名に root

パスワード 空欄(何も入力しません)

を入力しOKをクリック。

設定画面が表示されましたら、WAN側設定を表示します。

スポンサーリンク

接続タイプを選択して「次へ」ボタンをクリックしてください。

接続タイプ:IP 自動(DHCP)/ IP 固定に変更し次へをクリック

WAN側設定-IP自動/IP固定設定画面が表示されます。

ホスト名:空欄

ドメイン名:空欄

IPアドレス項目を設定します。

固定IPアドレスにクリックしてチェックを入れ以下の様に設定下さい。

DNSも必ず、192.168.24.1と入力下さい。

最後に保存をクリックします。

以上の作業が完了出来ましたら、次にCG-WLBARGSF WLCB54GSFのマックアドレスを確認して控えてください。

マックアドレス確認方法 メニュー画面から状態表示を選択し表示された画面のWAN側項目にある詳細ボタンをクリックして表示されるこちらの画面で確認できます。

マックアドレスを確認できましたら、固定した192.168.24.100を指定してCTUにDHCP払い出し設定から順番に開放設定を行ってください。

設定が完了出来ましたら、CG-WLBARGSF WLCB54GSFにパソコンのポート開放設定を行います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする