スポンサーリンク

イーアクセス Aterm DR207 206 205 204 202 ポート開放

イーアクセス回線利用時にレンタルされるルータタイプのモデムです。Aterm DR207C
DR206C DR205C DR204C DR202C ポート開放設定の説明です。このルータの特徴は何れもシングルユーザーアクセスモードで擬似的にグローバルIP割り当ての接続が可能な点です。
イーアクセスの回線はブリッジ接続する事が出来ないので(PPPoAプロトコル使用の為)もしグローバルIP割り当て通信が必要な場合はシングルユーザーアクセスモード等を活用する等を検討頂くと良いと思います。

設定手順の説明

atermモデムへログインし、設定画面を表示して下さい。
以下のアドレスをInternetExplorer等のブラウザアドレス欄に以下の番号を入力されEnterキーを押します。
http://192.168.0.1 又はhttp://web.setup/
ログイン画面が表示されます。
ユーザー名「 admin 」
パスワード「 admin 」
パスワードエラーになる場合は、任意で変更されたパスワードに変更してログイン下さい。

ログインできましたら左のメニューにある詳細設定からポートマッピングを選択します。

上図の設定項目(NATエントリ編集)の設定説明です
エントリ番号:1から50まで指定可能。何番を選択しても結構です
変換対象プロトコル:UDP 又はTCP もしくはTCP/UDP両方を選択する事が出来ます。
変換対象ポート:開放ポート番号を入力
宛先アドレス:開放するパソコン又はPSPやPS3等のIPアドレス 例:192.168.0.2

設定サンプル
WEBサーバー80番を設定する場合
番号の変わりに、WEB、FTP、SMTPと指定する事も可能です

複数の番号を指定する設定
連続するポートを一括する設定です。
例えば20番と21番連続するポートを開放するには以下の様に設定します。

大きく範囲を指定するサンプル
コナミのオンラインゲーム関連とモンスターハンターオンラインの設定サンプルです。
コナミのオンライン関連はプロトコル/UDP 5730番から5739まで全て開く必要があります。通信ラグでお困りであれば以下の方法で開放設定してみると改善があるでしょう
ハイフンを番号の間に入れることで指定した番号間は全て開きます。

xlinkkaiの設定サンプルです。

入力完了できましたらまず「編集」ボタンをクリックし以下の手順で設定を反映させルータを再起動してください。最後に「登録」ボタンをクリックすると再起動確認画面が表示されるので、そちらの「OK」ボタンをクリックする事で再起動を開始します。(約1分程度必要)

ルータへの設定説明は以上ですが、アンチウイルス対策やWindowsXPをご利用の場合はファイヤーウォールの設定変更作業も行う必要があります。

ポート全開の方法 シングルユーザーモードの設定

シングルユーザーアクセスモードの注意点
この動作モードは、パソコン一台しかインターネットに繋ぐ事が出来なくなります。
また、WAN接続要求時のみ接続させるサービスになる為外部からのアクセスリクエストに対してはルータは接続していない状態になります。よってWEBサーバーやメールサーバー、FTPサーバー運営には向きません。
設定手順
基本設定を表示し、自動接続設定を要求時接続に変更し、ルータを再起動してください。

再度ログインし設定画面を表示します。
詳細設定メニューより高度な設定を表示し
NAT/UPnP設定項目にあるNATモードシングルユーザーアクセスモードに変更し図の手順に従って設定を反映させてください。ルータが再起動完了すればポート全開になります。

もし元に戻す場合はNATモードを通常動作に変更し、基本設定より接続モードを常時接続に変更する事で元に戻す事が出来ます。

その他

コメント

  1. kagemaru より:

    MACPCのマインクラフトサーバーの設定の説明補足です。この場合は下流にあるルータをブリッジモードに切り替えてからポートマッピング設定を作る必要があります。

    当方の環境は、
    PC MacBook Pro Mid 2012 OS X 10.9.4
    無線LAN ルーター Buffalo WHR-300HP2
    モデム Aterm DR207C
    で、モデム > 無線LAN ルーター > PCの様に接続されているので、二重ルーターと呼ばれる状況です。
    Re: 思い当たる限りを試したけど… kagemaru – 2014/09/14(Sun) 19:21:40 No.27759
    IPアドレスありがとうございます。Aterm DR207C直下にある端末は3つ目の数字が0にならないと二重ルータという形になります。
    例、192.168.0.2等がシングルルータ環境、現在は192.168.11.6なので3つ目の数字が11なので二重ルータと言うことになります。
    なので、MACPCのIPアドレスを自動取得に戻しWHR-300HP2をブリッジモードに切り替えて5分してからMACPCを再起動してIPアドレスを確認して教えてもらえますか?
    ブリッジモード方法、型番は違いますが同じです。
    http://www.akakagemaru.info/port/bri-300n.html
    Re: 思い当たる限りを試したけど… Shimousasougou – 2014/09/14(Sun) 22:29:09 No.27760
    ブリッジモードにスイッチを切り替え後、WHR-300HP2とMacを再起動させました。
    現在のMacのローカルIPアドレスは192.168.0.4です。

タイトルとURLをコピーしました