ホームゲートウェイ BL190HW Minecraft ポート開放

auインターネット(旧DION/KDDI)ホームゲートウェイ、Aterm BL190HWブロードバンドルータでご質問の多いマインクラフトのポート開放を説明致します。

準備 IPアドレスを固定する

ポート開放するクライアント(パソコンなど)のIPアドレスを固定します。

IPアドレス:192.168.0.30

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.0.1

優先DNS:8.8.8.8

代替DNS:8.8.4.4

備考:DNSはGoogleパブリックDNSになります。もしもプロバイダ提供のものがあればそちらのDNSを設定してもかまいません。

IPアドレスを固定できたら必ずパソコンを再起動下さい。

備考、もしもIPアドレスを固定するとエラーが表示される、インターネットへつながらない問題が生じる場合は、DHCP設定から固定IPアドレス割り当て方法を参考に、パソコン側はIPアドレス自動取得のままで、自分のパソコンのマックアドレスを登録して、IPアドレスを192.168.0.30と割り当て設定下さい。設定できたらパソコンを再起動し、IPアドレスを確認します。192.168.0.30とIPアドレスを取得できているなら、続きをご覧の上作業下さい。

スポンサーリンク

設定画面を表示する

KDDI ホームゲートウェイ Aterm BL190HW ポート開放説明説明を御覧下さい。

スポンサーリンク

設定画面が開いたら、左メニューの「詳細設定」から「ポートマッピング」を開いて下さい。

ポートマッピングが開いたら、追加ボタンからエントリ追加から必要事項を入力します。

エントリ追加設定画面

  1. LAN側ホスト、192.168.0.30
  2. プロトコル、TCP
  3. ポート番号、anyのチェックを外し、25565-右側空欄
  4. 優先度、1
  5. 設定
  6. ルータの左側の上の方にある保存ボタンを選んで作業完了です。

ポートチェックする場合、必ずマインクラフトサーバを起動してからチェックして下さい。また自分のホストにはいる場合は127.0.0.1を指定します。(LOCALHOSTでも良いです。)。詳しくはMinecraft ポート開放をご覧下さい。

ポートチェックに失敗する場合

設定を追加してサーバを起動の上ポートチェックしても失敗する場合。多くの方が恐らくUPnPCJ使っての問題が生じている可能性が高いです。ルータ側のUPnPを止めて、25565を正しく通信できるように整えて上げて下さい。

詳細設定から、その他の設定を開き、UPnP機能の使用するのチェックを外します。設定から保存を選んで作業完了です。これでポートチェックで成功するかどうかお調べ下さい。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする