バッファロー WTR-M2133HP・WRM-D2133HP Wi-Fiの繋ぎ方・WEM-1266設置方法

バッファロー WTR-M2133HP・WRM-D2133HP 無線LAN設定の説明

両製品はメッシュWi-Fiに対応しているのですが、パソコンやスマートフォン、ゲーム機やテレビそれにプリンターや各種IoT機器を繋ぐときは必ず親機にWi-Fi接続させる必要があります。

中継機の設置追加説明は→WEM-1266

まずそれぞれの製品のプッシュスタートボタンを把握して下さい。

WTR-M2133HPは製品向かって右側にプッシュスタートボタンがあります。

2019-buffalo-04031

WRM-D2133HPは製品の上部にプッシュスタートボタンが設置しています。

2019-buffalo-04032

WTR-M2133HP・WRM-D2133HP プッシュスタートでWi-Fiに繋ぐ

それぞれの製品のプッシュスタートを1秒以上長押しすると、「Wireless」ランプが1秒間隔で2回ずつ点滅します。その間にWi-Fi接続したい端末のWPSプッシュスタートを開始すれば、後は自動的に繋がります。

2019-buffalo-04033

WTR-M2133HP・WRM-D2133HP両製品は同プッシュスタートでWPS以外にAOSSとAOSS2接続にも対応するので上手く繋がらない場合はAOSS方式で繋いでみて下さい

任天堂製品はAOSSの方が繋がりやすいです。

一方AOSS2接続の場合は、同プッシュスタートを1秒長押ししてから次の操作をすると設定できます。

AOSS2接続の手順

AOSS2で接続する手順は、まずプッシュスタートボタンを1秒以上長押し

繋ぎたい端末のWi-Fi設定メニューから、セットアップカードに記載されているSSID名「!AOSS~」を選択してから、次のQRコードかURLを開いてAOSS2キーを入力すると繋がります。

2019-buffalo-04035

右側のQRコードまたはアクセス先URL「http://86886.jp/set/」を開く。

2019-buffalo-04036

Setup Cardと言うページが表示されるので、バッファローWi-Fiルーター付属のSetupCard記載のAOSS2キー「3桁」を入力すればWi-Fi接続設定が完了します。

2019-buffalo-04037

手動で設定する場合

手動でWi-Fi接続設定する場合は、付属のセットアップカードの情報を元に設定します。

Wi-Fiパスワードは暗号キーです

2019-buffalo-04038

中継機 WEM-1266 設置または追加設定説明

WEM-1266
BUFFALO WiFi 無線LAN connectシリーズ 専用中継機 IEEE802.11ac 866+400Mbps 独自メッシュ機能搭載

CONNECTアプリを設定するスマートフォンは必ず「WTR-M2133HP・WRM-D2133HP」とWi-Fiで繋がっている状態で操作してください。WEM-1266中継機は最大10台設置可能で、メッシュネットワークを構築型なので「WTR-M2133HP・WRM-D2133HP」の近くにWEM-1266が一台繋がっていれば追加する中継機は中継機のどうし電波の届く範囲に追加増設可能です。

設定操作する前にWEM-1266の電源は必ず切ってから作業してください。

スポンサーリンク

WEM-1266を中継設定する場合は、バッファロー「CONNECT アプリ」をスマートフォンにセットして設定頂く必要があります。

CONNECTアプリを起動したらWi-Fiルーター親機にログインする必要があります。セットアップカード記載のユーザー名とパスワードを入力してログイン

2019-buffalo-04039

左へのメニュー(横三本線)をタップ。

2019-buffalo-040310

中継機の追加をタップし、画面の説明に従って設定するのみ。

2019-buffalo-040311

「中継機の追加」画面の下「次へ」をタップ。

2019-buffalo-040312

中継器単体をタップ。

2019-buffalo-040313

設置場所を決める画面はWEM-1266に電源を入れて置いておく場所を決めるのですが適当で大丈夫です。

2019-buffalo-040314

WEM-1266本体を設置する場所に持っていきます(未だコンセントは差さないでください)、その上で画面下の「次へ」をタップ。

2019-buffalo-040315

設置可否の判定画面、下の「次へ」をタップ。

2019-buffalo-040316

設置可否の判定、電波の強さを示すメーター画面が出ます。目安的には80%前後が適当です、50%未満ならWi-Fiが途切れるので、電波が届かない場合はもう一台間に中継機を増設するか中継機を無線LAN親機(WTR-M2133HP・WRM-D2133HP)の近くに移動させます。

問題なければ「次へ」

2019-buffalo-040317

ここで初めてWEM-1266の電源を入れ「次へ」をタップ。

2019-buffalo-040318

中継機の設置画面です、WEM-1266本体のLEDランプが青点灯に切り替わるまで待ちます。

2019-buffalo-040319

WEM-1266本体のLEDランプが青く点灯したら本体裏側にあるAOSSボタンを2秒長押ししてPowerLEDランプが点滅したら離す

2019-buffalo-0403110

次へをタップ。

2019-buffalo-0403111

以下の画面のまま5分待ちます

2019-buffalo-0403112

通信状況の確認画面に切り替わるのですがしばらく待ちます。

2019-buffalo-0403113

設定が完了したら最後に設置場所の登録設定を行います。これは何処に設置したWEM-1266なのか把握するためのものなのでわかりやすい名称で良い

2019-buffalo-0403114

例えばユーザー設定を選択して、二階の長男の部屋や三階の私の寝室等わかりやすいネーミングを設定しても構わない。

これはメッシュWi-Fi障害になった時にどのWEM-1266が不具合を発生させて居るのか特定しやすくする為です。

2019-buffalo-0403115

規定の名称または任意の名称を設定してOKをタップ。

2019-buffalo-0403116

以下の画面に切り替わったらWEM-1266の設置は完了です。

2019-buffalo-0403117

説明書ダウンロード

  • WTR-M2133HP (トライバンド対応、円形の形をしたデザインです)
  • WRM-D2133HP (四角い形をしたデザインです)
  • WEM-1266 (中継機です)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする