スポンサーリンク

プラスメッセージがWi-Fiで繋がらない対処方法

接続トラブル不安定

プラスメッセージアプリ

Wi-Fi(無線LAN)にスマホを繋ぐと接続エラーで利用できない

プラスメッセージと言うアプリがWi-Fiに繋いだスマホだと「ネットワークに接続できません」と言うエラーで繋がらないというお問い合わせを頂きました。
お問い合わせを頂いた方は、プラスメッセージ公式サイトにポート開放が必要と言う説明がありましたが
物理的に難しくご自宅で一人だけ利用するならポート開放で対応も可能だが、何台もある端末にポート開放はできません


そこで何故接続エラーになるのかWi-Fi設定を調べていたら原因が判明したので接続エラーの対処方法を説明させていただきます。
ドコモ公式説明より

Wi-Fiを利用したメッセージ送受信においては、5060番台(5060-5069)のポート番号を使用しております。ご利用の際には、Wi-Fi環境のポート番号利用設定をご確認ください。

接続エラーの原因調査結果 二重ルーターによる不具合だった

お問い合わせ頂いた方はバッファローのルーターならプラスメッセージが使えたがエレコムのルーターに交換したら接続エラーが出るようになって使えなくなったと言う。
最初ハードウェアナット・高速NATによる不具合の可能性が高いと思い無効設定を試行頂いたがSMSメッセージは送受信できるようになったが接続エラーは改善しないと言う。
考えられる他の原因としては、ぷららプロバイダ提供のネットバリアーベーシックかUPnPによる自動ポート開放設定の不具合。
その前に、バッファローのルーターなら繋がっていたと言う所に引っかかっていてもしかしたら単純に二重ルーターの可能性を疑ってみました。
モデム名をまず確認すると「PR-S300NE」が設置されていると言う。
限りなく二重ルーターの可能性があるのだが、もしかしたらエレコムルーターをブリッジ接続している可能性もあるので安易にエレコムルーターの動作モードを変更を加えられない。
そこで、エレコムルーターのWAN側IPアドレスを念の為確認すると「192.168.1.~」と言うご連絡を頂戴したので二重ルーターと確定
エレコムルーターの後ろにある動作スイッチをAP側に切り替えて頂いてルーターが再起動するので5分待ってからプラスメッセージの接続試行を頂くと問題なく接続できました

アプリで接続エラーが出る場合は次の事を確認すると良いです

・ハードウェアNATまたは高速NATと言うサービスが有効な場合、無効にしてみる。


・プロバイダにぷららを契約している
接続エラーの原因ネットバリアーベーシック ぷららのポート開放
光インターネットで契約プロバイダにぷららをご利用の方で、ポート開放を参照されているかたはまず、ぷららネットバリアーベーシックと言うプロバイダ側で施されているファイヤーウォールを解除頂く必要があります。注意:ここでプロバイダってなんですか?...

・二重ルーターになっている
二重ルータとは
BBSやメールでご質問の際に、kagemaruから"二重ルータではないか、念の為確認お願い致します"と言うご案内を頻繁にさせて頂いております。そもそも二重ルータとはなんなのでしょうか?何かそれに問題があるのか等に付いて説明致します。そもそ...

二重ルーターになっている場合はアクセスポイントモードまたはブリッジモードに切り替えれば良いのだがWi-Fiルーターの機能も無効化になるのでブリッジ接続させると言う手もあります。

最後に

間違った設定案内だとWi-Fiやインターネットそのものに不具合が生じる恐れがあるので
接続トラブルのご質問を頂戴したらネットワーク環境をよく聴取頂いてからご案内する様にしてください
よくわからない内容でしたら1万件以上の接続トラブルの処理をこなした実績のある私に聞いてもらえればお調べ致します。
過去に運営していたフォーラムに頂いた接続トラブルのご質問とお返事内容。
https://web.archive.org/web/2016*/http://www.akakagemaru.info/cgi-bin/patio.cgi
https://web.archive.org/web/2016*/http://www.akakagemaru.info/cgi-bin/joyful.cgi

コメント

タイトルとURLをコピーしました