トリオモデム3-G plus 無線LAN接続Wi-Fi通信出来るようにしたい

YAHOOADSL回線でレンタルされるトリオモデム3-G plusで無線LANWi-Fiを追加したい場合の手順とつなぎかたの説明です。

ルータ本体にLANカードを内蔵する場合

基本的には無線LANパックに別途オプションで申し込みして、本体に取り付けられる無線LANカードを3-Gモデムに取り付けて初期設定を行なって頂く必要があります。YAHOO無線LANパック(加入すると公衆無線LANも利用可能になります。)。無線LANパックに加入せずに無線LAN環境を構築する場合は社外品のバッファローやAtermWARPSTARを購入して開始することも可能です。社外品を使い場合はこちら

無線LANカードが届いたら、取り付け方法は以下の通りです。トリオモデムのランプ正面から見て、無線LANカードLEDランプが右側バーコード貼付けシールを左側方向に下記のようにして取り付けます。

スポンサーリンク

Wi-Fiつなぎ方

Wi-Fiのつなぎ方ですがまずルータの設定画面をパソコンで開いて設定する必要があります。もしパソコンがない場合はPS3等があればPS3から開いて設定することが可能です。設定画面を表示するにはYahoo BBトリオモデム3-G plus ポート開放設定方法を参照ください。

設定画面開きましたら詳細モードを開きます。

次に無線LAN暗号化を開いてWEPキー設定をするのですが、SSID番号をこの画面で確認してください。

次に暗号化キーを決定するのですがWEPを選んでください。WPA暗号化キーはAndroidは相性がややわるく任天堂DSはつながりません。WEPキーに16進数とASCIIがあるのですがASCIIを選んでください。16進数でもかまいませんが0-9とA-Fの間の数字しか使えません。128bitのASCIIを選んだことにします。WEPキー1に自身で設定します。この数値がスマートフォンのパスワードでPSPやDSのWEPキー設定の番号になるので控えます。

WEPキーの設定例

「WEP:128(104)bits(半角英数文字列)」を選択された場合 「0」~「9」までの数字と、「a」~「z」、「A」~「Z」の
半 角 大小文 字 を 組み合 わせ て13 桁 の 英 数 字 を 設 定 してください。
例) 01234abcdABCD , 0123456789012 , abcde fghijklm など

WEPキーの設定ができたらOKボタンから再起動を選んでルータを再起動してください。

無線通信情報を確認したらAndroidまたはiOS個別の設定をご覧の上設定ください。

備考、もしも無線LANが時々切れたり繋がったりする場合は、トリオモデムの設定画面を開いて詳細設定モードから無線LAN設定を開いて頂いて、無線チャンネルを手動で1-11の間に指定することで安定すると思います。

スマートフォンやタブレットでWi-Fiを繋いでみる

上記の設定が完了したらスマートフォンをWi-Fiで繋いでみましょう。まず3G通信を切ってしまいます。タブレットの方は無い場合もあります。設定から無線とネットワークを開きモバイルネットワーク設定を開いてデータ通信を有効にするのチェックを外します。

スポンサーリンク

次に無線とネットワークに戻ってこちらのAndroid(アンドロイド)Wi-Fi接続を参考に接続します。Wi-FiネットワークのSSIDはここで確認したSSID番号になりますをタッチしてください。

パスワードは同様にここの設定画面で確認または自分で設定したWEPキーです

上記で作業完了なのですがもしもIPアドレス取得中から切断を繰り返す場合は無線親機を再起動してみてください(コンセントの抜き差し)その上で上記の作業を再度行えば繋がると思います。

iOS(iPod iPad Iphone)

iOSをWi-Fiで繋ぐ場合はまず3G通信を切ってしまってください。iPhoneを参考

Wi-Fiメニューをタッチします。Wi-Fiは必ずオンとしてください。ネットワークを選択と言うメニューにここで確認したSSID番号SSIDを探してタッチしてこちらで確認もしくは自分で設定したWEPキーをパスワードに入力すれば接続させることが可能です。

説明は以上です。

無線LANパック以外の製品でWi-Fiを利用したい

YAHOOの無線LANカードではなく、社外品で無線LAN環境を構築したい場合。トリオモデム本体のLANポート(LANを差し込む場所)にバッファロー又はNECのWARPSTAR無線ブロードバンドルータを繋ぐと簡単にWi-Fi環境を構築することが可能です。バッファローならAndroidご利用の場合AOSSアプリをセットすれば簡単に接続を完了できてお勧めです。YAHOOルータのIPアドレス割り当て範囲は192.168.3.1/24になるので他のプラネックスやIOデータそれにコレガの商品等全ての無線LANブロードバンドルータを繋いでWi-Fi環境を簡単に設置できます。

社外品とトリオモデムのつなぎ方は以下の様にトリオモデムのパソコンを繋ぐ場所と用意した無線ブロードバンドルータのWAN/Internetの差し込みにLANケーブル(LANケーブルとは)でつなぎ合わせるだけです。社外品とWi-Fi無線LANのつなぎ方は例えばバッファロー無線ルータにDSを繋ぎたい場合は任天堂 DSi バッファロー無線LAN 接続説明を参照して簡単に繋ぐことが可能です。

お勧め社外品無線機器としましてはバッファロー無線ルータ アンテナが沢山あるタイプの方が家全体まで届くと思いますのでお勧めです。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする