3-G plus 任天堂Wiiのポート開放

トリオモデム3-GplusにWiiを繋いでいる場合で、ポートを開放する手順の説明です。

設定手順サンプルとしましてスマブラXのポート番号を用いて説明させて頂きたいと思います。異なる番号を設定したい場合はサンプル設定のポート番号とプロトコルを置き換えて設定すると正しく開くと思います。

注意)トリオモデム以外に、バッファローやコレガ、Atermワープスターの無線機器を繋いで接続している場合は以下の方法を参照頂いても正しくポートが開かない恐れがあります。もしも該当の無線機器を別途接続されている場合は、無線機器の型番を確認頂いてルータ設定BBSへご連絡頂けましたら正しい設定手順を案内させて頂きます。

スポンサーリンク

設定手順

まずWiiのIPアドレスを固定割り当てする作業を行います。まずWiiを起動頂いてマックアドレスを確認しお控え下さい。

次に、パソコンからルータの設定画面を開いて下さい。

以下の画面が表示されましたら詳細設定モードボタンをクリックします。

表示されたセットアップメニュー画面左のIPアドレス/DHCPサーバメニュークリックすると、IPアドレスを固定割り当てする画面が表示されます。

割り当て設定手順です。

固定割り当て欄No1に割り当てIP 192 168 3 10

MACアドレス に確認頂いたWiiマックアドレスを入力下さい。

注意)一番上にあるアドレスが192.168.3.1であるかを確認頂いて、二番目にある割り当て開始IP関連の項目は絶対に変更してはいけません。

スポンサーリンク

上記の設定が完了出来ましたら、一度設定を反映させる為ルータを以下の手順で再起動します。

ルータの再起動が完了出来ましたら、Wiiの天気予報とニュースそれぞれ問題なく見る事が出来るかを確認しネット接続に障害が無いか確認下さい。もしも何らかのトラブルが発生した場合は上記作成した固定IP割り当てを空欄にして削除して下さい。接続関連に問題が無ければサイドルータの設定画面から詳細設定画面を表示頂いてポート開放作業を行います。

ポート開放手順

詳細設定画面の左メニューポート転送メニューをクリック頂くと、設定画面が表示されます。

スマブラXのポート開放サンプルです。Wiiの場合UDP側は全て開く必要があるとの為全てのオンラインアプリでは共通だと思います。

下図をクリックすると大きな画面で見る事が出来ます。入力項目の説明はポート転送項目説明を参照下さい

入力が完了出来ましたら、OKボタンから再起動をクリックしてルータを再起動して下さい

最後に設定は以上で完了ですが、YAHOOインターネットは接続機器の情報を再登録しないとポート制限が掛かる事がありますので、上記の作業が完了出来ましたらYBBモデムの電源を(コンセント)20分間OFFにしてONして頂いてネットワーク接続機器情報の更新作業を行ってから正しくポートが開いているかを確認下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする