MZK-WG300DX WEP暗号化設定をする

プラネックスのMZK-WG300DXの無線LANにWi-Fi設定しようとしても暗号化方式非対応となっってしまうもしくはSSID名すら検出しない場合次の手順でWEP暗号化方式を設定下さい。特にDSやPSPの場合こちらの手順を行わないと繋がらないです。

手順

パソコンからルータの設定画面を開きます。MZK-WG300DX ポート開放を参照下さい。情報から現在の状態を開きます。無線LAN2.4GHzの基本設定を開きます。右側有効なSSID数を増やします。

スポンサーリンク

有効なSSID数を3に変更してしまいます。その上でSSID_2のap-gameGから始まる接続先SSID名を控えて適用を選んで下さい。

スポンサーリンク

次に暗号化方式と暗号化キーを設定します。無線LAN2.4GHzのメニューからセキュリティを開きます。

セキュリティ設定項目で先ほど有効にしたSSID名に対してWEP暗号化設定を行います。

  1. ESSIDの選択を、ap-gameG***に変更します。
  2. 暗号化はWEP
  3. 認証方式はAUTO
  4. キーの長さ64bit(128bitでも構いませんがアスキーをえらんだ場合10文字暗号化キー説定となります)
  5. キーの種類はASCII(5文字)で構いません
  6. デフォルトキーは1のまま
  7. 暗号化キーに任意の5文字を入力下さい。例12345、ABCDE、図の様に98765でも構いません
  8. 説定出来たら適用

これでPSPとDSを接続する準備が出来ました。Wi-Fiつなぎかたに戻る

説明は以上です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする