3-G26M ポート転送入力例

Yahoo BBトリオモデム 3-G 26Mに戻る
ポート転送設定説明。

以下の項目に転送設定を行います。

  • WAN側ポート番号 : 開放したいポート番号 例:ポート1000番を開放するとします。
  • プロトコル : 開放するポートの種類を指定します。通常はTCPでOKですが、利用するインターネットサービスの説明にあるプロトコルを指定します。オンラインゲームなどはUDPを利用することが多いようです。
  • 転送先ポート番号 : WAN側ポート番号で指定した同じポート番号を入力します。例:1000
  • 転送先IPアドレス : 利用するパソコンのIP番号を入力します。利用するパソコンのIP番号を調べる方法はこちらのページ下の方を参照してください。※上記はWindows2000とXPのパソコンIPアドレス確認方法です。

Windows98やMEのユーザー様は、スタートメニューからファイル名を指定して実行を選択され「winipcfg」と入力すれば、パソコンのIPを確認する事が出来ます。


入力例。利用するパソコンのIP番号や・ポート番号はサンプルになります。各サービス毎に設定してください。





上記のように指定できましたら、下の項目に反映させます。

正しく設定出来ましたら、「追加」を選択し下空欄に設定が表示されます。次に「OK」を選択します。

多数ポート開放が必要な場合は繰り返しこの設定を行ってください。

後はルータを再起動し、設定を反映させて作業完了です。

スポンサーリンク

後は設定を反映するのみになります。もしも上手くポート開放できない場合はアプリケーションが正しく動作しているか等を確認してみてください。特にUDP側は別途UDPポートチェック説明を参考にご確認ください

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする