ウィルスバスタ2008 ポート開放の説明

ウィルスバスタ2008 ポート開放の説明

※ウィルスバスタ2006は別のページに説明あります

各種ルータのポート開放設定を行った後、ウイルスバスター2008をご利用であれば、併せてファイヤーウォールにポート開放したいポート番号やアプリケーションを例外設定を行わないと正常に通信出来ません。

デスクトップ上にあるウィルスバスタのアイコンをダブルクリックします。

ウイルスバスター2008

ウィルスバスタ2008の設定画面が表示されます。

画面左の不正進入対策を選択して設定を行います。

スポンサーリンク

不正侵入対策を選択し、パーソナルファイヤーウォールの「設定」ボタンからポート開放設定を行うことが出来ます。

ウイルスバスター2008パーソナルファイヤーウォール

以下のセキュリティレベル設定バーの右下「詳細設定」から作業を行います。

パーソナルファイヤーウォールの設定には二種類存在します。それぞれ、目的に合った設定方法を選んで設定下さい。

一つ目はアプリケーション指定の例外ルール適用こちら

二つ目は個別のポートを開放する例外ルール作成こちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする