ウィルスバスタ2008 アプリケーションの例外ルール適用

ウィルスバスタ2008でアプリケーションを指定して例外ルールの適用(プログラム指定ポート開放)に設定する説明です

この設定はプログラムが使用するポート番号を自動的に開放してくれる設定になります。(注:ルータのポートは自動で開きません、手動で設定下さい)

この画面を表示するには前のページを参照

個別の番号を指定して作成する場合はこちら

例外ルール(プログラム)を選択し追加を選択します。

プロファイルの設定画面が表示されます。

まず説明と言う項目に、任意の例外ルール名を入力して参照ボタンを選択します。

スポンサーリンク

ファイルを開くと言う画面が表示されます。例外ルールに適用するプログラムを保存しているフォルダを探してください。

例外ルールに適用するプログラムが見つかったらクリックして開くを選択します。

元の画面に戻りますので、処理と言う項目に許可・拒否・警告とありますので、必ず許可となっているかを確認下さい。

そのへで全ての表示されている画面のOボタンで閉じて頂いて作業完了となります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする