BHR-4RV ポート開放の説明

バッファローの有線ルータでのポート開放説明です。有線ルータなのでPSPは接続することが出来ません。もしこのルータご利用でPSP関連にトラブルが存在する場合はUSBのWIFIアダプタ関連を参照下さい。

ルータを設定する画面を表示するには、

http://192.168.11.1/

又は

http://192.168.12.1/

何れかのアドレスをInternetExplorerのアドレス欄に入力してEnterキーを押します。

ログイン画面が表示されるので、root とユーザー名に入力して設定画面を表示する事が出来ます。

パスワードは元々設定されていませんので空欄でログインできるはずですが、任意でパスワードを設定された方はパスワードも必ずご入力下さい。

設定画面が開きましたら、アドバンスドメニューを選択してください。

表示されたメニューのネットワーク設定からアドレス変換メニューを選択してください。

以下の設定画面が表示されましたら、アドレス変換使用するにチェックかを確認下さい。使用しないとなっていた場合は使用するにチェックを入れ替えて設定ボタンを一度押してください。

アドレス変換ルールを入力ボタンを選択して設定作業を行います。

スポンサーリンク

アドレス変換設定画面にポート開放設定を行います。

グループ:新規追加を選択して、任意の設定名(英数にて)を入力してください。

WAN側IPアドレス:変更しません。(エアーステーションのWAN側IPアドレスを選択)

プロトコル:TCP/UDP項目にチェックを入れ、任意のTCPポート又は任意のUDPポートを選択し、すぐ下にあります項目任意のTCP/UDP項目に開放するポート番号を入力します。例:下図は8000(TCP)を開く場合のサンプルです

LAN側IPアドレス:手動設定を選んで頂いて、開放したいパソコンやネットワーク機器のアドレスを入力します。例:下図は192.168.11.10を取得している機器を指定する場合

入力できましたらルールを追加ボタンを選択して下さい

パソコンのアドレスが192.168.12.10で開放するポート番号が30000(UDP)だった場合のサンプルです。

ルールを追加ボタンを選択すると、設定したグループ名が表示されます。設定に間違えなければ登録・保存ボタンを選択して作業完了になります。

開くポート番号情報が不明な場合や、うまく設定できない場合はポートを全て開く事が出来るDMZ設定をお試し下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする