プラネックス BLW-HPMM ポート開放説明

プラネックスのIEEE802.11n(最大無線通信速度130Mbpsサポート)のBLW-HPMM無線ルータポート開放の説明です。

ご注意)IEEE8021..nをサポートする無線LANですが、PSPや任天堂DSを接続させると、IEEE802.11b通信方式に切り替わるので接続速度は最大11Mbpsになります。130Mbpsの速度は出ません。

xlinkkaiやWEBサーバーを公開する場合、ルータのポート開放設定とは別に、WindowsXPとVISTAの場合はコントロールパネルのセキュリティセンターからファイヤーウォールの解除設定が必要です。

開放設定手順の説明。

まずルータにログインします。

ルータ設定画面ログイン方法【 http://192.168.1.1/ 】このアドレスをクリックもしくはInternetExplorerのアドレス欄に入力しEnterキーを押します。

ログイン画面が表示されるので

ユーザー名 Admin

パスワード password

【OK】をクリックすると表示されます。

設定画面が開きましたら、メニューにある【詳細設定】をクリックしてください

表示された画面左にある【ローカルサーバ】をクリックします。

ローカルサーバー設定手順説明

スポンサーリンク

まず設定する項目の右側にある【有効】のチェックボックスにクリックしてチェックを入れ入力できる状態にします。

入力例:プロトコルTCP ポート番号6000番を開放するサンプルです。

WANポート範囲:6000-6000と入力します。

サーバーIPアドレス:開放するパソコンのIPアドレス

サーバー・ポート範囲:6000-6000(WANポート範囲に指定した同じ値でかまいません)

プロトコル:TCPを▲ボタンから選択します。

以上のように入力すれば設定完了です。

xlinkkaiや広範囲のポート開放設定サンプルです。

xlink(ポート番号は任意に指定できます確認方法はこちら)はプロトコルUDP ポート番号30000

ストリーミングツール等でプロトコルTCP ポート番号8000~8010までを開

以上二つの設定サンプルです。

xlinkkaiの場合、開放するサーバーIPアドレスはwifiusb無線LANを取り付けているパソコンのIPアドレスになります。加えてパソコンのファイヤーウォールの設定解除する必要があります。

設定が完了出来ましたら保存をクリックしてルータのポート開放作業は完了です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする