Aterm BR500V 任天堂WiiU/3DS専用 ポート開放説明

Aterm BR500V ルータに任天堂WiiやDSを繋いでいる環境で、オンライン対戦時に通信エラーが出て接続出来ない場合こちらのポート開放をルータへ作成する事で改善する場合があります。

正しBR500Vへ追加した無線がルータの場合二重ルータ環境になります。この場合こちらの説明を参照しポート開放しても解決しません。

二重ルータ環境は根本的にセットワーク構築が間違えてしまっているでのこの場合は出張サポート依頼かフレッツ光へ契約変更頂いて正しい無線環境の構築し直しが必要になります。

また作業前に任天堂WiiまたはDSのIPアドレスを以下の様に固定設定下さい。

IPアドレス:192.168.0.140

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトルータ:192.168.0.1

DNS:192.168.0.1

IPアドレス固定設定手順は次のページを参照ください。

スポンサーリンク

ポート開放手順の説明

まずBR500Vの設定画面を開いて詳細設定メニューからポートマッピングを開いてください。表示方法は前のページをご覧下さい

スポンサーリンク

エントリ1の設定

エントリ番号:1

変換対象プロトコル:UDP

変換対象ポート:1-65535

変換アドレス:192.168.0.140(以降宛先アドレスは同じになります。サンプル図をご参考に設定を完了してください。)

入力できたら編集ボタンをクリックします。

エントリ2番以降はプロトコルTCPになりますので設定作成時ご注意ください。

エントリ2の設定

変換対象プロトコル:TCP

変換対象ポート:28910

エントリ3の設定

変換対象プロトコル:TCP

変換対象ポート:29900-29901(範囲指定を作成します。)

エントリ4の設定

変換対象プロトコル:TCP

変換対象ポート:29920

上記の1から4番まで設定を作成作業完了になります。ルータへ設定反映作業を行ってから通信が改善しないかお試しください。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする