BRL-04FA ポート開放説明

プラネックスのBRL-04FAルータポート開放の説明です。

このルータは静的マスカレード設定からポートを開く事が出来ます。DMZ設定も存在しますが一般の方は動的グローバルIPになるので利用する事が出来ません。ポート全開の場合静的マスカレードにアスタリスクを指定で全開にする事が出来ますので、アプリケーション設定情報が不明な場合はアスタリスクで設定下さい。

開放設定手順の説明

まずルータにログインします。

ルータ設定画面ログイン方法【 http://192.168.1.1/ 】このアドレスをInternetExplorerのアドレス欄に入力しEnterキーを押します。

ログイン画面が表示されるので

ユーザー名 空欄

パスワード password

スポンサーリンク

設定画面が開きましたら、アドバンスドメニューにあるNAPT設定を選択してください。

開いた画面でまずアカウント選択項目からポート開放を行う接続設定を選択してください。アカウント(接続設定)が一つしか無い場合はそちらを選択下さい。次にNAPT項目が有効かを確認します。NAPTが無効であれば「有効」に変更。

以上を選択できましたら静的マスカレードの追加ボタンをクリックしてポート開放設定を行います。

以下の静的マスカレードの追加/修正の入力項目説明

入力例 プロトコルTCP 80番を開放するサンプルです。

登録ID:1から64まで指定できます。通常1からのIDを指定下さい。

スポンサーリンク

プロトコル:TCPを選択 (全ても選択可能)

外部ポート:80 (開放するポート番号です)

内部IPアドレス:パソコンのIPアドレス 例:192.168.1.2と言うIPアドレスだった場合は図のように入力します。

その他の項目に付きましては変更しない及び入力不要です。

入力できましたら「適用」をクリックしてください。

その他の設定サンプル

広範囲で設定する場合

以下はコナミのオンラインゲーム全般(UDP 5730から5739までを全て開く)で開放する設定例です。

複数個別の開放

WEB、SMTP、FTP三個の開放例

xlinkkaiの設定例

ポートを全開にする際の設定例

プロトコルは全てを選択し外部ポートにアスタリスク記号( * )のみ入力下さい。

元の画面に戻るので、再度「適用」ボタンをクリックします。「設定を保存して再起動します。」メッセージが表示されるので、「再起動」ボタ

ンをクリックしルータを再起動すれば作業完了になります。

ルータへの設定手順は以上ですが、XPやVISTAをご利用のユーザー様は併せて標準装備されている外部ポート遮蔽サービスであるファイヤーウォールの設定変更を行う必要があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする