LAN-W300N PGRB IGRB ポート開放

ロジテック(エレコムOEM提携販売商品)ギガビットLAN、300Mbps最大無線通信速度をほこるLAN-W300N PGRBLAN-W300N IGRB無線ブロードバンドルータのポート開放手順の説明。

まずPGRBとIGRBは同じ商品です。違いはAC電源が内蔵かそうでないかの違いだけです。スペックは同等。もちろん無線LANも同じスペックです。対応無線規格はIEEE802.11n/g/bです。nは最大300mbpsマルチリンク通信。gは最大54mbps通信に対応(一般的)、bは標準規格ワイファイ基準の低速最大11mbpsに対応の規格です。有線側ポートは1000BASE-Tに対応。WAN側LAN側双方ギガビット通信させることが可能です。フレッツ光ネクスト、auギガ光、eoギガ光に最適です。

またポート開放前の注意点ですが、二重ルータになってないかを確認の上ポート開放下さい。二重ルータを確認するにはWAN側IPアドレス確認を参照下さい。

準備 IPアドレスを固定する

ポート開放するクライアント(パソコンなど)のIPアドレスを固定します。

IPアドレス:192.168.2.30

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.2.1

優先DNS:8.8.8.8

代替DNS:8.8.4.4

固定できたら必ずパソコンを再起動してください。

スポンサーリンク

設定画面を表示する

W300NシリーズのPRGBとIGRBの設定画面を表示するには、ブラウザのアドレス欄にhttp://192.168.2.1/と入力してEnterキーを押して下さい。プレイステーション3で設定画面を開いて設定することも可能です。プレイステーション3 ルータの画面を開く方法

以下のログイン画面から次の情報を元にログイン下さい。

ユーザー名:admin

パスワード:admin

もしもログインページを表示できない等のエラーの場合、こちらのルータにログイン出来ないを参照下さい.。

スポンサーリンク

ポート開放を行う

設定画面が表示されたらメニューのファイアウォール設定からポートフォワーディング(ポート転送)を開きます。

ポートフォワーディング画面に必要な情報を入力してポート開放設定を作成します。

ポートフォワーディング項目に必要事項を入力しポートを開放します。以下は各種入力項目の説明です

  1. ポートフォワーディングを有効にする、チェックを入れることで設定が有効化になります
  2. IPアドレスはポート開放させたいパソコンやPS3のIPアドレスを指定します
  3. プロトコルはアプリケーション指定のプロトコルを選択。不明の場合はTCP/UDPとしても構わない
  4. ポート範囲、必ず範囲でなくても構いません。例えばWEBサーバ80なら80-80とします。
  5. コメントは分かりやす設定名を記載することが可能です
  6. 適用から再起動させれば設定は反映します

ポート開放設定例

設定例としまして、WEBサーバのポート開放設定をご覧ください。ポートチェックを行う場合は、ANHTTPDならインストール不要で80番ポートの通信チェックを行うことが出来ます。

  1. ポート転送を有効にするに必ずチェックを入れます
  2. ローカルIP:192.168.2.30
  3. プロトコルTCPです
  4. ポート範囲:「80」-「80」
  5. コメント特に不要ですがwebと入れてみてください。
  6. 適用からルータを再起動

説明は以上です

その他の設定例

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする