BRL-04AX ポート開放説明

プラネックスのBRL-04AXルータポート開放の説明です。

注)このルータをご利用でインターネットの回線がフレッツやCATV、有線BB以外のインターネットをご利用の場合、元々存在するモデム等がルータの場合があります。この場合二重ルータ環境となり、今から参照頂く設定ではポートを開く事が出来ません。

またCATVインターネット回線をご利用の方で、ポート開放出来ない場合はプライベートアドレス契約の可能性があります。この場合宅外にルータが存在する事になるので、開放する事は出来ません。

開放設定手順の説明。

まずルータにログインします。

ルータ設定画面ログイン方法【 http://192.168.1.1/ 】このアドレスをInternetExplorerのアドレス欄に入力しEnterキーを押します。

ログイン画面が表示されるので

ユーザー名 空欄

パスワード password

ログインすると設定画面を表示する事が出来ます。

スポンサーリンク

設定画面が開きましたら、上メニューにある詳細設定からDMZ設定を選択してください。

以下のローカルサーバの追加画面でポート開放情報を入力します。

入力例 プロトコルTCP 80番を開放するサンプルです。

Metthod:ポートを選択します。(アプリケーションを選択すると予め用意されている開放情報を選択できます)

スポンサーリンク

アプリケーション(ポート):上Method項目でアプリケーションを選択した場合に選択できます。(選択不要)

単一/範囲:単一を選択 (範囲を選択の場合広範囲に開放指定する事が出来ます。)

ポート番号:開放するポートの番号を入力します

ローカルサーバIPアドレス:パソコンのIPアドレス

入力できましたら「追加」をクリックするとローカルサーバリストに設定情報が追加され作業完了です。

以下はコナミのオンラインゲーム全般(UDP 5730から5739までを全て開く)で開放する設定例です。

DMZの説明

このルータは、グローバルIPを指定しなくてはDMZを設定出来ません。

よって、一般的なインターネット利用で(固定グローバルIPは別ですが)ポート全開な状態を保つのは一時的になります。

設定方法、

まずこちらから取得しているグローバルIPアドレスを確認下さい

次に冒頭説明した詳細設定からDMZ設定画面を開きます

DMZ外部IPアドレス:ここに確認したグローバルIPアドレスを入力します。

DMZ内部IPアドレス:ポート全開したいパソコンのIPアドレスを入力します。

入力できましたら「追加」をクリックして作業完了です。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする