スポンサーリンク

CG-WLBARAGNL プレイステーション3/4専用 ポート開放説明

CG-WLBARAGNLにプレイステーション3/4を繋いでいてフレンド招待が出来ない場合や、オンライン接続が安定しない場合やすぐに切断される場合はプレイステーションネットワークの使う基本ポートを開放する事で解決する事ができます。次を参考に設定してみてください。但し設定前に必ずCG-WLBARAGNLのUPnP機能を無効化としてから作業お願いします。
任天堂DSやWiiのポート開放の方はこちらのDMZ設定を行ってください。
設定に取り掛かる前にPSのIPアドレスを以下の様に固定ください。IPアドレスの固定が完了したらCG-WLBARAGNLの主電源をOFF(5分程度してから)電源ONにしてPS3の固定したIPアドレスをルータ側に認識させる作業を行ってください。

IPアドレス:192.168.1.55
サブネットマスク:255.255.255.0
デフォルトルータ:192.168.1.1
DNS:192.168.1.1
上記の様に固定しインターネット接続に問題がないかまず確認してからポート開放設定作業をお願いします。

PS3ポート開放手順の説明 設定画面の表示

CG-WLBARAGNLへの設定画面を表示します。設定画面表示方法は前のページを参照願います。
PS3から設定画面を開いて作業できなくもないですが、ルータの設定画面がフレームを採用しているので正しく表示出来ない場合があるので出来るだけパソコンから作業お願いします。
ルータへのログイン出来ましたら、左メニューの「詳細設定」から「バーチャルサーバ」をクリックして設定を行います。

今から全部でPS3の基本ポート作成を5つ案内しますのでまずは5つの設定を作成完了下さい。
まず一つ目の設定
接続先:192.168.1.55(冒頭固定案内したIPアドレスを選択)
サービスは全てユーザー定義を選択下さい。
ポート範囲:80番を作成しますので図をそれぞれ参照ください。
プロトコルTCP
入力できましたら登録ボタンをクリックします。少し時間がかかりますがあせらずゆっくりまず5つの設定を作成して下さい。

二つ目
接続先、サービスはそれぞれ一番目(以降上で設定した内容と同じです)と同じです。
ポート範囲:443-443
プロトコル:TCP

三つ目
ポート範囲:5223-5223
プロトコル:TCP

次の設定よりプロトコルUDPです。TCPと間違えない様設定お願いします。
四つ目の設定です
ポート範囲:3478-3479(範囲指定です)
プロトコル:UDP

五つ目の設定
ポート範囲:3658-3658
プロトコル:UDP

以上までがPS3の基本ポート開放です。フレンドの招待が問題なく出来るか通信の安定度が改善しないかご確認下さい。
但し、次のコンテンツの方は上記5つの設定に加えて専用ポート開放設定をさらに追加頂く必要があります。
メタルギアソリッド、コールオブデュティー、バトルフィールドバッドカンパニーのボイスチャット利用時。この三点は専用のポート開放を追加設定頂く必要があります。

メタルギアソリッド

メタルギアソリッドの場合TCPとUDPそれぞれ専用ポートを開く必要があります。図を参考に次の二つを上記基本ポートを併せて開放設定下さい。
接続先は基本設定と同じ192.168.1.55を選択
サービスも同様にユーザー定義
ポート範囲:5730-5733
プロトコルはTCPを指定下さい

二つ目の設定
ポート範囲:5730-5739
プロトコル:UDP

上記二点の設定を作成すれば作業完了です

コールオブデュティー

以下の一つを追加下さい。
ポート範囲:3074-3075
プロトコル:UDP

バトルフィールドバッドカンパニーのボイスチャット

ボイスチャット専用になります。ヘッドセットのない方は特に不要です。
ポート範囲:6000-6000
プロトコル:UDP

説明は以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました