DWR-HP-G300NH プレイステーション3/4 ポート開放

DWR-HP-G300NHにプレイステーション3を繋いでいてフレンドの招待が出来ない場合や、オンラインコンテンツに繋いでもすぐに切断される場合はPS3のポート開放を行う事で解決する事ができます。(備考イーモバイルの方はブリッジモードに切り替えた方が無難かもしれません)但しアドホックパーティのトラブルに付きましてはこちらのページを参照頂いても解決は難しい状況です。アドホックパーティに付きましてはWAN側直結かPPPoE接続(PS3 PPPoE接続)で改善のご連絡を数例頂戴していますので一度お試しください。

PS3をまだインターネットに繋いでない方は簡単に繋がるのでこちらの方(プレイステーション3 インターネット接続)をご覧ください。

設定前の注意点:必ずバッファロールータ側のUPnPを無効化にしてから作業下さい。

まずIPアドレスを固定します

PS3側のIPアドレスを固定してしまいます。

IPアドレス:192.168.11.150

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトルータ:192.168.11.1

DNS:192.168.11.1

PS3ポート開放

ポート変換を5つ作成する必要がありますので図のとおり設定を作成してください。

まずDWR-HP-G300NHの設定画面を表示しポート変換設定画面を表示します。(DWR-HP-G300NH ポート開放を参照)プレイステーション3から設定され得る場合は(プレイステーション3 ルータの画面を開く方法を参照)

設定作成手順ですが、LAN側IPアドレスは全て192.168.11.150共通となります。

入力例の説明

新規作成:任意の英数文字指定します。 例ps80

プロトコル:任意のTCPポート

LAN側IPアドレス:192.168.11.150

任意のTCP/UDPポート:ここにポート開放する番号(値)を指定します。まず80と設定してください。

スポンサーリンク

入力出来たら新規追加を選びます

後は図を参考にその通り設定作成してください。プロトコル指定の部分気を付けてください。

任意のTCPポートの443

任意のTCPポートの5223番を作成します。

プロトコル任意のTCPはここまでです。次の設定は任意のUDPポートになるので間違えないように設定下さい。

任意のUDP3478と3479を作成します。3478-3479(ハイフン)で区切って指定下さい。

任意のUDPの3658番を作成します。

以上までがプレイステーション3でオンラインでフレンドを招待する為に必要な基本ポート開放設定です。設定が完了したらフレンドの招待が出来るか、またはオンラインコンテンツ接続障害等即時切断されてしまうコンテンツに安定して繋がるように改善されたかを確認下さい。

次に以下は個別コンテンツで開く必要のあるポート番号とプロトコルです。

コールオブデューティ

UDPの3074と3075を開きます。ハイフンで区切って下さい。以下の追加設定のみでCODを楽しむことが出来ます。

メタルギアソリッド専用

メタルギアのホストを立ち上げる方は以下のUDP側と、もう一つTCP側の設定2つを追加下さい。

TCPの5730から5733まで開く設定を作成します。

任意のTCPポートです間違えないようにして下さい。

UDPの5730-5739の設定を追加下さい。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする