Web Caster FT5100 ポート開放の説明

Web Caster FT5100 ポート開放説明

このルーターには個別にポートを開放する静的IPマスカレード設定と

ポートを全開にする事が出来るDMZ

二種類から選択できます。

PSPやプレイステーション3、パソコンでのオンラインゲームが接続出来ない場合はDMZ設定をお勧めします。

またFT5100は工場出荷時にはUPnPは無効に設定されているので、PSPやPS2、PS3、任天堂DSのゲームに問題が発生する場合はUPnP設定を有効にすることで不具合を改善することが出来ます。

Web Caster FT5100 の設定画面表示説明。

http://192.168.1.1/ もしくはhttp://ntt.setup/

上記のアドレスをクリックもしくはInternetExplorerのアドレス欄へ入力しEnterキーを押すとログイン画面が表示されます。

ユーザー名項目に admin のみ入力し「OK」ボタンをクリックすると設定画面が表示されます。

※別途任意にパスワードを設定された場合は、併せてパスワードも入力してください。

静的IPマスカレード設定の説明(個別ポート番号開放)

Webcasterのupnpの有効化とポート全開を行うDMZ設定はこちらを参照

FT5100を利用しているネットワーク環境から、WEBサーバーや各種サーバを公開やオンラインゲーム、P2Pを行いたい場合に個別ポートを開くことが出来る静的IPマスカレードの設定を行うと、正常に通信する事が出来るようになります。

FT5100のセットアップウィザードメニューをクリックして、左メニューのISP追加設定を選択してISP追加設定#1」をクリックします。

※2セッション契約で、個別のセッション設定が存在する場合、セッション1とセッション2を分けて設定してください。(特に一般ユーザー様は気にする必要はありません)

表示された画面の右下静的IPマスカレードを有効に変更して設定を行います。

スポンサーリンク

静的IPマスカレード設定説明

まず必ず静的IPマスカレードを→有効に変更してください。

変換対象IPアドレスはWAN側IPアドレスを選択します。

宛先IPアドレスには、パソコンのIPアドレスを入力ください。※パソコンのIPアドレス確認方法は右上メニューポート開放トップから参照ください。

例:パソコンのIPアドレスが192.168.1.10であればドットを抜いて以下の様に入力します。

変換対象プロトコル「TCP」もしくは「UDP」を指定します。オンラインゲームトラブルでポート番号しか分からない場合は一度「TCP」を選択してお試しください。

ポート番号範囲:開放したいポート番号を入力します。例えば2000番を開放したい場合

先頭2000/最終2000と入力すればOK

大きく開きたい場合

先頭2000/最終2010とすればその間の全てのポートが開きます。

個別に複数開きたい場合は、追加ボタンで一つ一つ追加することが出来ます。

入力が出来ましたら「追加」ボタンをクリックして「NEXT」をクリックします。

上記の作業が出来ましたら左メニューの「セーブ&リスタート」をクリックして作業完了です。

※セーブ&リスタートを選択すると、ルータが再起動します。その際一時的にインターネットが切断されるので、1分程してからポートが開いているかを確認ください。

説明は以上です。

設定内容を変更もしくは編集される場合は、設定画面が表示されましたら、画面上にある「高度な設定」メニューをクリックし、左メニューからそれぞれのポート開放メニューを選んで設定します。

※初めてポート開放を行う場合は、セットアップメニューから設定を行います。

※開放するポート番号は各自確認の程お願い致します。ポート番号が不明の場合はDMZ設定でポート全開で利用するといいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする