WN-G300GR DMZ設定

WN-G300GRブロードバンドルータに繋いでいるPS3やWiiUのオンラインゲームが正しく繋がらない場合や、スマートフォンやタブレットで双方向アプリが利用できない場合は、DMZを適用してポート開放することで、正常に双方向通信またはオンラインゲームやサービスへと接続できるようになることがあるのでお試し下さい。

準備IPアドレスを固定しルータの設定画面を開く

DMZを適用するPS3や任天堂Wiiもしくはその他クライアントのIPアドレスを固定して下さい。

任天堂端末基準で説明してます。

IPアドレス:192.168.000.060

サブネットマスク:255.255.255.000

デフォルトルータ(又はゲートウェイ):192.168.000.001

プライマリDNS:192.168.000.001

セカンダリDNS:008.008.008.008(プレイステーション関連はセカンダリDNS不要です。0.0.0.0として下さい。)

固定できたらインターネットに繋がるかを念の為確認下さい

スポンサーリンク

スポンサーリンク

DMZ説明

WN-G300DGRの設定画面を開いてください。WN-G300GR ポート開放を参照。詳細設定からDMZを開きます。

  1. DMZを有効にするにチェックを入れます
  2. ローカルIPアドレス:192.168.0.60
  3. 設定ボタンをクリック

以上で設定完了です。

UPnPを無効にする

本来は必要ないのですが、何らかの理由でDMZを適用してもNATタイプに変化が見られないと言うご質問を頂くことがあります。この場合は、自動ポート開放サービスUPnPによって、ポート番号が占有されてしまっている可能性が考えられるので、これを無効化にして頂ければ改善することがありますのでお試し下さい。

手順は、インターネットメニューのオプションを開きます。図のUPnPを有効にするのチェックを外して設定ボタンを選んで頂ければ無効化の作業が完了となります。

但し、このサービスはDSやパソコンのSkype、それにIPカメラでは必要なサービスですので、DMZ必要のない場合は上記サービスを有効に切り替えておいて下さい。そうしないと双方向通信サービスが利用できなくなる恐れがありますので。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする