WiMAXを使ってパソコンをルータにする方法

インターネット接続

WiMAXインターネットがあるが、ルータとの相性がよくなく正しくポートを開放できない場合や、プレイステーション3のポート開放が出来なかった場合は、WiMAXをWindowsパソコンに無線モデムを取り付けてパソコンをブロードバンドルータにすればポート開放できるようになりますのでお試しください。必要なものはLANケーブル のみになります。注意事項PS3はクロス切り替え機能があるので、購入するLANケーブルはストレートタイプで構いませんがパソコンを繋ぐ場合はLANケーブル クロスタイプが必要になります。意味が分からない場合は無難にクロスケーブルを買うか、HUB(LANを分割や分岐させる方法)を一つ用意してストレートタイプのLANケーブルを二本用意頂くと良いと思います。

準備 WiMAX通信アダプターをパソコンにセットアップ

WiMAXの通信アダプター(USBタイプ)をパソコンに取り付けてデバイスドライバー類をセットアップ完了させてください。通信カード(PCカード)タイプの場合は、ノートパソコンならカードスロットに差し込んで同手順でパソコンをブロードバンドルータ化させることができるのですが、PCカードスロットを持たないデスクトップタイプはカードスロットを増設する必要があります。

WiMAXの無線アダプタ(モデム)のドライバーを製品別でダウンロードしてパソコンにセットアップを完了して下さい。

パソコン側の設定

WiMAXのセットアップが完了したら、Windows別に共有接続設定を行って下さい。共有接続設定を行えば後はパソコン側の有線LAN差し込みにPS3やポート開放したいパソコンを繋いでいただくとご希望のアプリケーションやサーバもしくはコンテンツに問題なく繋がると思います。

XP 共有接続設定

XP ネットワーク接続画面の表示方法を参照し次のネットワーク接続画面を開いて下さい。

スポンサーリンク

WiMAX接続アイコンを右クリック

表示されたメニューのプロパティを開きます

詳細設定メニューを開いて、ネットワークの他のユーザーにこのコンピュータのインターネット接続をとおしての接続を許可するにチェックを入れます。その他はデフォルト(そのままの状態)で構いません。全ての画面をOKボタンで閉じてください。

スポンサーリンク

続いて、ネットワーク接続の画面に戻りましたら、LAN側アダプターとなるローカルエリア接続のアイコンを右クリックしプロパティを開いて下さい。

ローカルエリア接続のプロパティ画面からIPv6を無効化にします。(なければ問題ないのでそのまま閉じてください。)

この接続は次の項目を使用しますの中にMicrosoft TCP/IP version 6があればチェックを外しOKで閉じてください。

備考IPv6プロトコルがあるとPS3へのIPアドレス自動割り当てに障害が出るため無効化にします。

以上でXPはブロードバンドルータとして動作完了になります。

VISTA 共有接続設定

VISTA ネットワーク接続画面の表示方法からWiMAX接続アイコンを右クリックからプロパティを開きます

共有メニューを開き、XP同様にネットワークの他のユーザーに‥にチェックを入れOKボタンで閉じます。

次に必ずLAN側アダプターとなるローカルエリア接続のプロパティからIPv6を無効化にして下さい。

VISTAのローカルエリア接続のプロパティ項目にあるインターネットプロトコルバージョン6のチェックを外してOKボタンで閉じてください。これをやっておかないとPS3がIPアドレスの取得に失敗してインターネットに繋がらなくなります。

これでVISTAはブロードバンドルータとして利用することが可能になります。

Windows 7 共有接続設定

Windows7 ネットワーク接続画面の表示方法を参照、以下の画面を表示しXP/VISTA手順同様WiMAX接続アイコンを右クリックからプロパティを開いて下さい。

WiMAX接続のプロパティ画面の共有メニューを開き、ネットワークのほかのユーザに、このインターネット接続をとおして接続を許可するにチェックを入れてOKボタンで閉じてください。

次にWindows7の場合もIPv6が有効化になっているので、LAN側となるアダプターローカルエリア接続のアイコンを右クリックのプロパティから次のTCP/IPv6のチェックを外して無効化にして下さい。

TCP/IPv6のチェックを外し、OKボタンで閉じてください。

以上でWindows7のブロードバンドルータとしての設定作業は完了です。

IPv6無効化の影響

LAN側のIPv6無効化の影響ですがLAN側限定となるのでインターネット側での影響は出ません。WAN側のアダプターでIPv6を無効にするとリモートサポート(Microsoftリモートアシスタンスやリモートデスクトップ)を受けることが出来なくなるのですが、WiMAX側(WAN側)はIPv6を有効の状態のままなのでご安心下さい。

共有接続でもポート開放できない

WiMAXの通信アダプター(モデム)をパソコンに取り付けて、仮にPS3のポート開放が出来ず問題解決とならない場合は、パソコンにセットアップしているファイアウォールに例えばプレイステーション3の必要なポートを例外ルールから許可させてください。

注意、ファイアウォールを無効にするのは共有接続させているパソコンの情報が丸見えになる懸念や情報漏洩があるのでそれだけはやめていただきたく願います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする