ADSLモデム NVⅢ設定後の設定反映方法

ADSLモデム NVⅢのポート開放メニュー

設定完了後必ず以下の図を参照し、設定を反映させて下さい。

一番多いミスは、エントリ番号のチェック漏れルータの再起動です。

手順と致しましては「NATエントリ」項目にポート開放設定作業後、登録→最新の状態に更新→エントリ番号にチェックを入れ、最後に必ず適用をクリックして、ルータを再起動します。

スポンサーリンク

通常設定後、自動で再起動画面が出るルータが多いのですが、もし自動で再起動画面が表示されない場合、左メニュから再起動メニューを探して手動で再起動してみてください。

下図を参照し、設定を反映させてください。

このルータでポート開放出来ないのは概ね二つ理由があります。

一番多いのは、エントリ番号にチェック入れ忘れです。

次に多いのは二重ルータ環境

三番目に多いのは、パソコンのファイヤーウォール又はセキュリティ関係が原因です。

ポート開放出来ないトラブルになった場合は、まずルータの設定をよく確認の上、他にルータがないか、セキュリティを解除しているかをよく確認頂くと解決します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする