Kindle Fire HD IPアドレス固定方法

Kindle Fire HDを使っていて双方向通信アプリを使うためにポート開放する場合やDHCPサーバー無効環境でWi-Fiでインターネット接続させる場合IPアドレスを固定する必要がありますのでその手順を説明します。

IPアドレス固定手順

まずホーム画面の上にある時計の場所をタップしたまま下にスワイプし、デバイス設定画面を表示します。

Kindleトップページ

「ワイヤレス」設定メニューをタップします。

2015k005

有効なWi-Fi接続設定名を「長くタップ」します。

2015k008

ネットワーク操作メニューが出ますので「詳細設定」をタップします。

2015k0010

詳細設定画面で「固定IPアドレスを使用する」にチェックを入れて5つある項目に必要な情報を入力してIPアドレスを固定させる事が出来ます。

補足、プロキシの設定は通常行わない。企業など特定のネットワークに繋ぐ場合のみ指定のプロキシサーバーを設定します。

2015k0011

IPアドレス固定例

繋いでいる無線LAN親機のIPアドレス割り当て範囲を調べなければならないです。割り当て範囲は概ね無線LAN親機メーカー別で同じなのですが、動作モードによっては上流のモデム側から割り当てされている事があるので可能であれば別に繋いでいる端末のIPアドレスを確認(例、PS3 / Android / )して、デフォルトゲートウェイを調べて下さい。デフォルトゲートウェイかデフォルトルータからだいたいのIPアドレス割り当て範囲の値を予測する事が出来ますので。よく分からない場合は無線LAN親機名を調べてコメント欄に気軽にご質問下さい。

スポンサーリンク

補足、基本的に皆さんのLAN環境はクラスCと言う割り当て範囲となるのでサブネットマスクは255.255.255.0共通になります。

デフォルトゲートウェイ192.168.1.1設定例
  • IPアドレス 192.168.1.50
  • ルータ 192.168.1.1
  • サブネットマスク 255.255.255.0
  • DNS 192.168.1.1

2015k0012

デフォルトゲートウェイ192.168.11.1設定例
  • IPアドレス 192.168.11.50
  • ルータ 192.168.11.1
  • サブネットマスク 255.255.255.0
  • DNS 192.168.11.1

2015k0013

デフォルトゲートウェイ192.168.0.1設定例
  • IPアドレス 192.168.0.50
  • ルータ 192.168.0.1
  • サブネットマスク 255.255.255.0
  • DNS 192.168.0.1

2015k0015

デフォルトゲートウェイ192.168.2.1設定例
  • IPアドレス 192.168.2.50
  • ルータ 192.168.2.1
  • サブネットマスク 255.255.255.0
  • DNS 192.168.2.1

2015k0016

デフォルトゲートウェイ192.168.10.1設定例
  • IPアドレス 192.168.10.50
  • ルータ 192.168.10.1
  • サブネットマスク 255.255.255.0
  • DNS 192.168.10.1

2015k0017

IPアドレスの一番最後の数字を「50」とさせて頂いているのですがもしも他の端末と重複するようなら最後の数字だけ10を加えて下さい(例、192.168.1.50が他に存在する場合は192.168.1.60とすると良いです)。通常2から254まで任意に指定して大丈夫です。(例、192.168.1.2から192.168.1.254までのIPアドレスを指定できますが、DHCPサーバが192.168.1.2からインクリメント割り当てするのでなるべく後ろの数字から使ったほうが良いです。)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ケント より:

    IPアドレス固定したらネット閲覧できないんですけど、
    なぜかアンテナは立ってます。
    いいのでしょうか?
    IPアドレスは、127.0.0.1と出てたんですけど
    よくわかりません……..どうすればいいのでしょう?