CG-WLR300NNH WAN側IPアドレスの確認

CG-WLR300NNHの二重ルータ確認説明です。WAN側IPアドレスとは通常グローバルIPアドレスを意味するのですが、近年インターネット契約時ルータタイプのモデムがレンタルされる事が多く、その環境にCG-WLR300NNHを繋いでしまうとグローバルIPアドレスが割り当てられずに元にあるルータからプライベートIPアドレスが割り当てられてしまいます。それを確認する為の作業になります。

WAN側IPアドレス確認方法

まずルータの設定画面を開いてください。CG-WLR300NNH ポート開放

設定画面が開きましたら、左メニューからステータスメニューを開きます。

ステータス画面にありますWAN側状態欄にある、IPアドレスを確認します。

スポンサーリンク

サンプル図にある通りWAN状態を確認してください。ここにあるIPアドレスが例えば192.168.1.2等、先頭の番号が192であればグローバルIPアドレスではなくプライベートアドレスとなり、上流にはもう一台ルータが存在し二重ルータとなる可能性があります。

但し例外もあります。予めマンションにインターネット環境があるCATV回線ご契約の方も同様に先頭のアドレス番号が192や172、10から開始されている事があり、これはポート開放出来ないプライベートIPアドレス契約になります。もしも該当する方はインターネットご契約状態を変更頂く必要があります。

二重ルータと判明した場合は

二重ルータだと判明した場合このルータをブリッジモードに変更して頂いて、CG-WLR300NNHとLANケーブルで繋がっているモデムを確認し当サイトにある該当型番モデムの説明を参照しポート開放すると解決できると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする