DOCOMO L-09C 無線LAN設定 AndroidやDS繋がらない場合

DOCOMOの高速モバイル通信Xi通信に対応したブロードバンドルータL-09Cの無線LAN設定の説明です。DSやAndroidが繋がらない場合はWEPキー暗号化方式に変更。通信がよく切断される場合は省電力モードと、無線チャンネルを自動から手動に変更して対応してみましょう。どうしても治らない場合はお手数ですが別の製品、例えばWiMAXやイーモバイルに乗り換え対応ください。

設定画面を開く

パソコンから設定画面を開きます。DOCOMO L-09C ポート開放を参照。一応UPnPを有効にしておいてください。

無線設定WEPキー設定

無線の暗号化キーをWEP方式に切り替えてあげればAndroidやDSをWi-Fiに繋ぐことが可能又は通信が安定します。手順はWLANからSecurityを開きます。

スポンサーリンク

Security modeをWEPに変更します。WPA2の項目がWEPに切り替わると思います1-4まで設定する項目が表示されますが設定sるうのはKey1のみで構いません。英数5/13文字は64bit、10/24文字は128bit設定になります。どちらでもかまいませんが10/24文字を指定の場合は0-9、A-Fの十六進数で設定する必要があるので例えば数字12345を組替えして5文字設定で考えれば簡単に設定できると思います。WEPキーの設定が完了したらApplyを選択し作業完了です。

スポンサーリンク

無線チャンネル設定

無線LANチャンネルAutoを手動で1-13(日本と韓国の場合)の何れかのチャンネルを指定することにより切断されることを低減することが可能です。ただ他の無線と干渉するチャンネルは避けてください。設定手順は

  • WLAN
  • Basic Setting
  • Channel Autoを1-13に変更
  • Apply

通信が頻繁に切れる

このモデルは省電力モードが購入時有効になっているので指定の時間が来ると(無通信時設定時間)切断されます。なのでもしも頻繁に切断されてお困りの場合は下記の手順で省電力モードを無効にして下さい。WLANを開きWi-Fi
auto offメニューを開きWi-Fi auto off(Enable、有効)をDsable、無効にしてApplyを選んで保存

設定を切り替えたら無線LANを繋いでみよう

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする