AirMac Express コンバータとして使う方法

AirMac Expressを無線接続させて有線LANしか持たないパソコンや端末にネットワーク接続をさせる事が出来るコンバータモードとして使う手順の説明です。メリットとしましては、対応する無線チップが無いパソコンや少し昔のインターネット配信対応ネットワークカメラやPS2/PS3、それにエレクトロンやテレビやビデオレコーダーをインターネットに繋ぐことが可能となります。

備考、コンバータ接続できるのはアップル製品のAirMacシリーズしか接続させる事が出来ません。他社の無線親機は無線接続設定は出来ますが肝心の通信がまったく行えないので結果的につながらないです。例えば親機がバッファローでコンバータ側をAirMacにして利用することは出来ません。

スポンサーリンク

無線LAN親機のSSID/暗号化キーを確認する

お持ちのベースステーション無線LAN親機には個別のアクセスポイント名SSID名を持ち、個別に暗号化キー(パスワードとも呼ばれる)を持ちます。意味がわからない場合はBBSへ気軽にご質問頂ければどうすれば良いのかお返事させて頂きます。

電波を中継するベースステーションの無線LAN親機のSSID/暗号化キー(パスワード)を調べて下さい。忘れてしまった場合は再設定しても大丈夫です。スマートフォンやiPod/iPadからならAirmacユーティリティアプリを使ってSSIDとパスワードを確認する事が出来ます。

airmacユーティリティアイコン

AirMacを開いて頂いて

AirMac Extremeスマホで設定

ここでSSID名を確認できるので控えます。SSIDを控えたら右上の編集をタップします。

airmacのSSID名

次に詳細をタップしてください。

ユーティリティ詳細メニュー

パスワードを表示をタップしてください。

パスワードを表示メニュー

メインネットワークの右側に表示されるのがAirMacのWi-Fiパスワード(暗号化キーです、控えてください。)。確認手順はExtreme/Express共通です。ベースステーションへのアクセスパスワードは下のベースステーション右側に記載のものがログイン時必要なパスワードになります。

スポンサーリンク

Airmacのパスワード

コンバーターモード動作に変更する

まず基本的な事なのですがAirMACとWindows7又はMACPCを繋がる環境にしてください。とりあえず無線LAN親機に有線LANケーブルで繋いで頂いても大丈夫です。

その上でユーティリティを起動し(初期設定を先に完了して下さい。詳しくはAirMac Express ポート開放を御覧ください。)ワイヤレスメニューを開きます。

ワイヤレスモードの▼ボタンプルダウンメニューより、動作モードを「ワイヤレスネットワークに接続」へ変更します。

次に、ワイヤレスネットワーク名の▼ボタンプルダウンメニューから無線LAN親機ベースステーションのSSID名を探して選択します。

Ethernetクライアントを許可は必ずチェックです。

次にワイヤレスパスワードですがこれは暗号化キーを指します(こちら)。最初から記載ある***や●●●記号は全部消して下さい。その上で確認頂いた無線LAN親機の暗号化キーに書き換えてください。二段同じものを入力します。入力出来たら更新又はアップデートを選んで保存下さい。

備考、ワイヤレスセキュリティの暗号化方式は自動判別なので特に変更を加える必要はありません。

以上で作業完了です。AirMacと有線LAN(ストレートタイプで構いません)ケーブルでパソコンやテレビそれにレコーダやカメラと繋いで頂ければネットワークに繋がると思います。

私の方で確認したのですがAirmMacのWAN/LANポートどちらでもストレートケーブルで繋ぐことが出来ました。説明は以上です。

その他の設定

コンバータとして利用しなくなったら他にも色々活用方法ありますので是非参考にしてみてください。

無線LAN関連とその他の説明

説明は以上です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする