リンクシスWRT WRV WAP 54のポート開放説明

リンクシスルータ:WRT WRV WAP 54 それぞれ共通のポート開放設定の手順説明です。

設定前に一言LINKSYSのルータはbefserシリーズ同様、ファームウェア毎にポート開放出来る出来ないタイプが存在するので、もしもポートフォワーディング(個別ポート開放メニュー)設定でポートが開かない場合DMZ設定で開くかをお試し下さい。DMZ設定で開いた場合はポートフォワーディング設定が動作しないファームウェアバージョンになるので、他のファームウェアを適用してお試し下さい。備考、日本語サイトのサポートは終了してしまいました。必要なファームウェアやマニュアルはアメリカサイトから取得頂けます。WAP 54G / WRT 54G

設定手順の説明

http://192.168.1.1/

上記のアドレスをクリックするか、もしくはInternetExplorerのアドレス欄に入力し「Enter」キーを押してください。

※ページを表示出来ないエラーの場合は「InternetExplorer」メニュー「ツール」→「インターネットオプション」をクリックし、一時ファイルの削除を実行の上再試行。

以下の画面が表示されましたら、パスワード欄に admin と入力しOKをクリックします。

スポンサーリンク

設定画面が表示されましたら、【フォワーディング】をクリックし【ポートフォワーディング】をクリックします。

リンクシスポートフォワーディング

ポート開放手順

予めWEBやFTP、POP3用のポート開放設定がされている項目があります。WEBサーバを公開する方はそちらを利用します。※WRT54GS-JP/WPC54G-JP
V5には予め設定された項目はありません。

設定項目説明

★アプリケーション名:任意の名称を入力

入力例:オンラインゲーム

★開始(ポート):開放するポート番号

★終了(ポート):開放するポート番号※開始ポートと同じもしくはそれ以降の番号を指定

入力例:一つのポートを開放の場合 開始:5000 終了:5000 大きく開放の場合 開始:8000 終了:9000 とすると8000番から9000番まで全て開放できます。

★プロトコル:開放するポート番号の種類を指定します。不明の場合 オンラインゲームの場合概ねUDP その他は概ねTCPを選択してお試し下さい。

スポンサーリンク

★送信先IPアドレス:開放するパソコンのIPアドレス。パソコンのIPは固定が望ましいのですが、固定していない場合はページ冒頭で説明のパソコンのIPを確認する説明を参照し、確認したパソコンのIPアドレスを入力します。

入力例:192.168.1.10

★有効:この項目にチェックを入れた設定のみ有効になります。

入力が完了出来ましたら、ページ下にある【設定保存】をクリックして設定完了です。

補足説明

このルータには、ファイヤーウォール機能で、インターネットからのリクエストブロック設定があります。

ポートが上手く開かない場合以下の項目でインターネットからのリクエストブロック→有効となっている場合は「無効」に変更して再試行。

インターネットリクエストブロックとは、外部からのアクセスが貴方のパソコンへ有った場合にそれらの通信は全て破棄される設定になります。

以上までが個別ポートを開くポートフォワーディング設定の説明です。

ここからの説明は(DMZ)、ポートがどうしても開かない場合や開放ポート番号がわからない、プレイステーションやXBOX等のゲーム機のポートを開きたい場合に使用してください。

DMZ設定の説明

どうしても上手く開放できない場合DMZ設定でポート全開にする方法の説明。

この設定は、仮想グローバルIP通信を行う設定になり、ポートが全て開放されます。上手くポートが開かない場合は一度この設定をお試し下さい。

ルータ設定画面メニューの【フォワーディング】→【DMZホスト】をクリックします。

「無効」→「有効」に変更し

DMZホストアドレス にパソコンのIPアドレスを入力します。※第四セグメントのみ入力 例 192.168.1.100の場合100のみ入力します。

※プレステ2のポート全開する場合は、プレステ2のネットワーク設定で固定したIPアドレスを入力します。

入力出来ましたら、設定保存をクリックして設定完了。

以上で設定完了です。設定が反映されない場合電源OFF/ONをお試し下さい。それでも開かない場合はファームウェアのバージョンを変更してお試し下さい。

その他の設定

リンクシスでもDSやPSPそれにスマートフォンを自宅のインターネットに繋いで楽しむことが出来ます。もし未だ繋いでないなら是非繋いでみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする