プラネックス MZK-W300NHシリーズ ブリッジモード説明

プラネックス無線LAN対応ルータMZK-W300NH PC PUシリーズで、二重ルータとなってしまった場合の対処方法であるルータ機能を停止するブリッジモードへ変更する手順の説明です

設定前の注意点。もしルー多機能が有効時にIPアドレスを固定してしまった場合でブリッジモードとするとパソコンや他ネットワーク対応機器がインターネットへ繋がらなくなりますので、ブリッジモード変更時はまずそれぞれの機器のIPアドレス設定が自動取得となっているかを確認頂いてから作業下さい。

ブリッジモード設定手順

スポンサーリンク

まずモデムから接続されているLANケーブルがInternetの所に差し込まれています。これを抜いて頂いて、図にあるLANポートの1番へ差し込んでください。

その上で、スイッチをRouterからAPへ切り替えて作業完了です。後はそれぞれのパソコンやネットワーク対応機器を再起動でインターネット接続可否を確認頂いて作業完了です。

もしもトラブルが発生した場合はまずAPからRouterへスイッチを元に戻して頂いて、モデムへ接続しているLANケーブルをLANポート1番からInternetへ差し替えて頂いて、パソコンやネットワーク対応機器をそれぞれ再起動下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする