Aterm WR6650S ルータ 無効設定 ブリッジモードで利用する説明

ルータの無効設定は通常ブリッジモードと申しまして、概ねどの無線LANルータにもルータモード・ブリッジモードの二つが存在しますので、二重ルータに苦しんでいる方は、マニュアルを参照しブリッジ化することで容易にネットワークを設定する事が出来るようになります。

ブリッジモード変更後設定画面が開かなくなった場合は、設定画面を表示方法を参照下さい。又はルータを直結で設定する手順

ワープスターへログインします。

http://web.setup/ もしくは http://192.168.0.1/ 何れかのアドレスをInternetExplorerのアドレス欄に入力してEnterキーでログイン画面を表示します。

ログイン画面には

ユーザー名「admin」

パスワード:admin 又は usr

又は「モデムを初期設定したときの管理者パスワード」

を入力してログイン下さい。

左メニューにある、メンテナンスから「設定値の初期化」を選択し、工場出荷時設定に戻すボタンをクリックします。

確認画面が表示されたら「OK」をクリックして、ワープスターが再起動するので完了するまで待ちます「約1分程度」

再起動が完了出来たら、らくらくWEBウィザード設定を開始します。

もし画面が表示されていない場合は「再度上の手順でログインしてください。」

スポンサーリンク


らくらくWEBウィザード

回線タイプの選択が表示されます。特に何でも良いのですが(私は機器を所有していないので確認する事が出来ないので)マニュアル通りADSLを選択した状態で「次へ」をクリックしてください。

動作モード設定画面で必ずルータ機能項目にある使用しないアクセスポイントモードにチェックを入れ「次へ」ボタンをクリックしてください。

アクセスポイント設定画面が表示されるので、所定のIPアドレスを設定します。

所定のIP設定は次の設定サンプルを参照し設定下さい

スポンサーリンク

注)IPアドレスとサブネットマスクの入力が出来ましたら「設定」ボタンをクリックして、設定しているパソコンのIPアドレスをとりあえず自動取得に変更下さい

フレッツ光プレミアムCTUと繋いでいる

IPアドレス 192.168.24.80

サブネットマスク 255.255.255.0

以上の様に入力して設定ボタンをクリックすると、パソコンはページを表示出来ませんとなります。パソコンのネットワーク接続にあるIPアドレスを自動取得に変更で解決します。以下の何れの設定も同じ現象になりますので自動取得に戻してください。

YAHOOBBと繋いでいる

IPアドレス 192.168.3.80

サブネットマスク 255.255.255.0

NTTのルータやIP電話モデムと繋いでいる

IPアドレス 192.168.1.80

サブネットマスク 255.255.255.0

以上の様に設定してください。固定したIPアドレスが、次回ワープスターへのアクセスアドレスになりますのでお控え下さい。尚、以上の設定を行う事でワープスターへのポート開放の必要はなくなります。それぞれの元ルータへのポート開放設定のみで開く事が出来ます。
設定の前に、Aterm(ワープスター)へアクセス可能にする準備を行う

注)この設定を行うには、有線LANでワープスターに繋いで設定下さい。

注)ルータをブリッジモードに変更すると、パソコンはIPアドレスを一時的に取得出来なくなります。

注)ネットへ一時的に設定出来なくなりますのでご注意下さい。(設定が完了してから、パソコンのIPアドレスの変更もしくはPSP/プレイステーションのIPアドレスを設定下さい)

以下の様にパソコンのIPアドレスを固定してください。これはatermの設定を行うパソコンのみで結構です。

IPを固定する設定方法は左メニュー「IP固定」から各Windowsもしくはマックのバージョンから参照下さい。

IPアドレス:192.168.0.10

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.0.210

DNSは特に不要です

この設定は一時的なものです、atermの設定が終わりましたら必ず自動取得に戻すもしくは、所定のIPアドレスに固定してください。

注)IPを固定しなくても繋がると思うのですが念の為固定しておくと混乱を回避する事が出来ます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする