静的IPマスカレードの説明

静的IPマスカレードでポートを開く手順の説明です。この設定の前に必ず、DHCP払い出し設定を完了してから設定下さい。

DHCP払い出し設定はこちらから参照

開くポート番号が不明の場合はDMZ設定をお試し下さい。

ルータ設定メニューの静的IPマスカレード/NAT設定メニューを選択します。

開いた画面のエントリ番号があります。

WEBサーバー関連は1 FTPサーバーは2 と予め予約されていますので、1-5以外の他のエントリ番号を選択して設定します。選択するエントリ番号は何番でも結構です。

エントリ番号6を選択してポート番号5730(プロトコルUDP)を開放してみた設定サンプルです。

優先順位は1を指定、複数開放設定する場合は(例エントリ7を選択して優先順位2とします)

接続インターフェース名:通常はメインセッションです。

宛先IPアドレス:払い出し設定したパソコンのIPアドレス

スポンサーリンク

変換対象IPアドレス:自分のWAN側IPアドレスです。(WAN側IPアドレスとはルータに割り当てられたグローバルIPアドレスです)

変換対象プロトコル:UDP プロトコルですが、オンラインゲームはUDPが多く、P2P通信やWEBサーバー関連はTCPが概ね指定されます。

変換対象ポート:開放したいポート番号。

ポート番号とポート番号の間にハイフンを指定で大きくポートを開く事が出来ます。

例:5730-5746とすると指定した間のポートが全て開きます。

入力できましたら「設定」をクリックして作業完了です。

備考:新バージョンファームウェアでは宛先ポート指定が有る様子です。上記とやや異なる場合で同ポート番号を開放する場合はこちらの画像サンプルを参照し設定ください。

以下はxlinkkaiのポート開放設定例です。

xlinkkaiポート開放設定サンプル

最後にルータを再起動して作業完了です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする