PR-A300SE DMZ設定

PR-A300SEのポート開放が難しくて分かり辛い、XBOXはじめ任天堂WiiやDS、もしくはPSPを繋いでいて通信不安定やホストを開始する事が出来ない方は簡単にポート開放出来るDMZ設定をお試しください。DMZ設定は指定したパソコンや家庭用ゲーム機器へ全てのポートを転送するサービスです。アプリケーション側で使うポート番号が不明な場合などにもこちらの設定を行うことで双方向通信を可能とする事ができます。

但し、DMZを指定すると静的NAT設定は無効化となるのでご注意ください。

設定作業前に必ずパソコンや家庭用ゲーム機を以下の様にIPアドレスを固定してください。

IPアドレス:192.168.1.80

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトルータ又はデフォルトゲートウェイ:192.168.1.1

DNS:192.168.1.1

設定完了の後、念の為パソコンであればWindowsやMACの再起動、その他のハードウェアであれば電源OFF/ON(再起動)を行ってください。

ハードウェア別IPアドレス固定画面表示方法

スポンサーリンク

DMZ設定手順の説明

PR-A300SEの設定画面をパソコンまたはPS3から開き、静的NAT設定項目を表示ください。表示方法はPR-A300SE ポート開放説明をご覧ください。

図の画面にあるワンタッチ設定項目内に設定します。

ワンタッチ設定項目にある「外部からのパケットをすべて特定ホストに中継する(簡易DMZ)」にチェックを入れます。

もしもセキュリティが心配で用事が済んだ後解除したい場合は、IPアドレスを192.168.1.10辺りに変更しポートが転送されないようにするか、以下のチェックを外す事で解除する事ができます。

特定ホストのIPアドレスの右横の空欄に192.168.1.80と入力し設定ボタンをクリック頂くと作業完了になります。

任天堂WiiやDS、PSPにプレイステーション3は関係ありませんがパソコン関連の場合(MAC含む)、ファイヤーウォールの設定解除等が必要になる場合もありますのでご確認お願いします。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする