プラネックス MZK-W300NAG DMZ設定

プラネックス無線LAN対応ルータMZK-W300NAGに任天堂WiiやDS、XBOXやPSPを繋いでいてオンラインゲーム接続時にエラーやフレンドを招待しても参加する事が出来ない症状の場合はこのルータにDMZ設定を行って頂く事で解決します。

また、ポート開放出来なくて設定が困難な場合や、ポート開放する情報が不明なアプリケーションの場合もこちらの設定で通信トラブルを改善させる事ができます。

DMZの注意点:仮想グローバルIPアドレス通信とも申しまして、全てのポートを制限なく指定したIPアドレス宛てに転送(開放)します。ですので他のクライアント(パソコンやその他家庭用ゲーム機)はポート開放を行うことができなくなります。

但しMZK-W300NAGのDMZ注意点としまして、MZK-W300NAGとWAN側またはInternet側のLANポート(LANケーブルを差し込む名称)と繋いでいるモデムにルータ機能がある場合、二重ルータとなります。もしも二重ルータ環境の場合以下の説明を参照してもポート開放できませんのでご注意ください。二重ルータの確認方法はルータのWAN側IPアドレスを確認する事で確認する事ができます。

設定前に必ず、ポートを開くパソコンやネットワーク対応機器のIPアドレスを確認し設定下さい。(出来ればIPアドレスは固定化が望ましい)

IPアドレス:192.168.1.50

サブネットマスク:255.255.255.0

ゲートウェイ(デフォルトルータ):192.168.1.1

DNS:192.168.1.1

IPアドレスの固定手順に付きましてはそれぞれのハードウェア別説明を参考にしてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

設定手順の説明

まずルータの設定画面を表示してください。画面の表示方法はプラネックス MZK-W300NAG ポート開放の説明を参照

設定画面が表示されましたら、一般設定を表示します。

次の画面が表示されたら、左メニューのファイアウォールを表示してください。

次の画面にあります。ファイアウォール機能を有効にして適用をクリックしてください。

次に設定を保存しましたの確認画面が出ますが、そのままDMZメニューを表示してください。

次のDMZ設定画面が表示されるので次の様に設定作業お願いします。

DMZを有効にチェックを入れます。

IPアドレスは動的を選択してください。(設定変更不要です)

クライアントIPアドレス:192.168.1.50

入力出来たら追加をクリックして適用ボタンをクリックしてください。

適用から設定を保存しましたが表示されます。

[保存]をクリックするとルータが再起動します。「システムを再起動しています。しばらくお待ちください。」が表示されますので完了するまで1-2分程度まちます。その上で作業完了となるので通信が改善されたかを確認下さい。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする