RT-S300HI DMZ設定

RT-S300HIへ何らかのポート開放しなくてはならないものの、ネットワーク用語が難しくて分り辛い場合はDMZ設定を用いると良いでしょう。ポート番号やプロトコルの設定不要で簡単にポート開放をさせることが可能です。特に任天堂WiiやDSそれにiphodやPSPもしくはXBOXのポート開放も簡単に行うことが出来ます。

準備 IPアドレスを固定する

まず準備作業としてポート開放するパソコン他家庭用ゲーム機のIPアドレスを固定してください。

IPアドレス:192.168.1.50

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.1.1

DNS:192.168.1.1

代替DNSは空欄で構いません。

固定できたら必ずパソコンを再起動してください。

スポンサーリンク

ルータの設定画面を表示する

次にルータの設定画面を表示します。パソコンからの方が良いでしょう。(RT-S300HI ポート開放設定を参照ください。)もしくはプレイステーション3からも設定可能です。(プレイステーション3 ルータの画面を開く方法

DMZを設定する

ルータにログインできたら左側メニューにある静的NAT設定を開いてください

以下の項目に192.168.1.50と入れます

外部からのパケットを全て特定ホストに中継する簡易DMZ

公開するにチェックを入れます。

特定ホストのIPアドレス192.168.1.50

設定ボタンを選んで頂いて作業完了です

ポートが開放されたかを確認するには

基本的に家庭用ゲーム機のポートを開放確認することはできません。オンラインでフレンド招待もしくはコンテンツがオンラインへ繋いで切断されないか等目視で確認頂く必要があります。

パソコンの場合、DMZはTCP/UDP関わらずポート転送してくることができるので、UDPポート開放チェックで手動ポート5730辺りをチェック頂いて手動ポート利用可とあれば作業完了になります。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする