RV-440NE torrent share PD ポート開放

RV-440NEブロードバンドルータの設定手順ご質問の多いBittorrent含むアプリケーションの個別ポート開放の説明です

一般的にP2Pと言われているアプリケーションなのですが、ご利用前に必ずパソコンウイルス対策をしてから接続試行下さい。

準備 IPアドレスを固定する

ポート開放するクライアント(パソコンなど)のIPアドレスを固定します。

IPアドレス:192.168.1.30

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.1.1

優先DNS:8.8.8.8

代替DNS:8.8.4.4

IPアドレスを固定できたら必ずパソコンを再起動下さい。

スポンサーリンク

設定画面を表示する

RV-440NE ポート開放説明を参考に設定画面が開いたら、詳細設定から静的IPマスカレードを開き、エントリ右側編集よりNATエントリを追加します

目的のアプリケーション別に設定を参照ください。

パーフェクトダークポート開放

パーフェクトダークポート開放を参照し、必ずご利用のパソコンでアプリケーションを開いて待ち受けポート番号を確認して設定ください。サンプルとしてポート番号を46335としていますが、それぞれのパソコンでポート番号異なりますのでご注意ください。

  1. 変換対象プロトコル:TCP
  2. 変換対象ポート:46335
  3. 宛先IPアドレス:192.168.1.30
  4. 設定
  5. 前のページに戻る
  6. 設定反映

スポンサーリンク

Shareポート開放

Sahreポート開放をまずご覧頂いて必ず完全に初期設定を完了してください。そちらの手順の中で自身のパソコンにセットアップしたポート番号を元にポート開放を行ないます。ここでは、Shareの通信ポートを24370とした場合の説明となります。

  1. 変換対象プロトコル:TCP
  2. 変換対象ポート:24370
  3. 宛先IPアドレス:192.168.1.30
  4. 設定
  5. 前のページに戻る
  6. 設定反映

torrentポート開放

BitTorrentかμtorrent、BitComet何れも設定手順同じです。手順としましてはBitTorrentポート開放を参照し、自身のパソコンにセットアップされているBitTorrentのポート番号を確認します。ここではtorrentのポート番号を62799として説明します。

  1. 変換対象プロトコル:TCP
  2. 変換対象ポート:62799
  3. 宛先IPアドレス:192.168.1.30
  4. 設定
  5. 前のページに戻る
  6. 設定反映

設定反映

NATエントリに設定を入力し前のページを戻るを開きましたら、静的IPマスカレードの一覧画面に戻ります。必ず入力したエントリ番号にチェックを入れて保存を選択しポート開放設定をアクティブ(有効化)にして下さい。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする