Aterm BL150HV 任天堂Wii/Uのポート開放説明

KDDのホームゲートウェイ Aterm BL150HV へ任天堂Wiiを繋いでいる場合の環境でポートを開放する手順の説明です。

ホームゲートウェイはIP電話でUDPの「5060,5012~5015」使用されているので開放することは出来ませんのでご注意下さい。

ご注意)バッファローやコレガ無線LANを追加されている場合は二重ルータとなる可能性があります。こちらの説明を参照しても不具合を改善する事が出来ないので該当の方は無線機器の型番を確認頂いてルータ設定BBSまでご連絡頂けましたら、改善案内させて頂きます。

設定手順の説明

作業前に任天堂WiiまたはDSのIPアドレスを以下の様に固定設定下さい。

IPアドレス:192.168.0.140

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトルータ:192.168.0.1

DNS:192.168.0.1

IPアドレス固定設定手順は次のページを参照ください。

スポンサーリンク

IPアドレスの固定が出来たら次にパソコンからルータの設定画面を開きます。

ルータ設定画面が表示できましたら左メニューの詳細設定からポートマッピングを選択します。

ポートマッピング画面の下にあるNATエントリ編集に開放するポート番号情報等を入力します。

スポンサーリンク

NATエントリ編集の説明です。

スマブラXのサンプルで説明します。共通点としましてWiiはUDPを全て開く必要があります。まずUDPを全て開く設定から順番にサンプルを掲載させて頂きます。

エントリ1の設定

エントリ番号:1

変換対象プロトコル:UDP

変換対象ポート:1-65535

変換アドレス:192.168.0.140(以降宛先アドレスは同じになります。サンプル図をご参考に設定を完了してください。)

入力できたら編集ボタンをクリックします。

エントリ2の設定

変換対象プロトコル:TCP

変換対象ポート:28910

エントリ3の設定

変換対象プロトコル:TCP

変換対象ポート:29900-29901(範囲指定を作成します。)

エントリ4の設定

変換対象プロトコル:TCP

変換対象ポート:29920

上記の1から4番まで設定を作成作業完了になります。

最後に非常に重要です

最後にルータへ上記の設定を反映させる必要があるのですが、ここでよく皆さんミスをしてしまいます。

必ずこちらの設定反映手順を見て頂いて、作業を完了して下さい。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする