VH-100VR-N DMZ設定の説明

VH-100VR-NでDMZを適用する手順の説明です。先日PSPでこのモデルのルータでIPフラグメントパケットに対応していないとエラーとなりオンラインコンテンツ利用できないとご相談頂きまして、DMZをリモートから設定させて頂いたのですが解決しなかったです。

なのでもしもPSP、PS3含めてIPフラグメントパケットに対応しないとエラーになる場合は、念の為DMZを適用してみて頂いてそれでも解決しない場合はルータの変更で対応ください。

VH-100VR-NはNTTレンタル品になると思うので、交換相談なら0120-116-116へ連絡頂いて、IPフラグメントパケットエラーが出て家庭用ゲーム機のオンラインサービスに接続できないとお申し出頂いて、VH-100VR-Nを他のブロードバンドルーターに無料交換して欲しいと申し出てください。

準備まずIPアドレスを固定

DMZを適用させたいクライアント(パソコン含む家庭用ゲーム)のIPアドレスを固定してしまいます。

IPアドレス:192.168.116.50

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトルータ:192.168.116.1

プライマリDNS:8.8.8.8

セカンダリDNS:8.8.4.4

各種クライアントのIPアドレス固定手順は次のとおりです。

固定した192.168.116.50を元にDMZを適用させます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

DMZ設定を行う

VH-100VRの設定画面を開き、詳細設定から高度な設定を開いてください。設定画面の開きかたはVH-100VR-N ポート開放の説明をご覧下さい

高度な設定が開いたら次の様に設定下さい

  1. DMZホスト機能使用するにチェックを入れます
  2. DMZホストの配置はLAN側
  3. DMZホストのIPアドレス192.168.116.50
  4. 設定ボタンをクリック

上記の作業が完了したら最後に設定反映ボタンをクリックしてください。

ブロードバンドルータが再起動するのでそのまま1分程度まってからDMZに適用したPS3やPSP等のクライアントの通信が解決したかを確認下さい。

DMZを適用してもIPフラグメントパケットに対応していないなどの問題が治らない場合ですが、パケットフィルタ関係疑ってみたもののデフォルト設定ではなんら有効なパケットフィルタリング設定無いので、やはりブロードバンドルータ交換で対応する他ありません。

詳細設定のパケットフィルタの資料画面です。WAN to LAN(外から内側)その逆LAN
to WAN(内側から外)それぞれの設定は有効にはなってますがデフォルトではパケットフィルタリング設定はそれぞれ空白の状態でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする