CG-WLR300N DMZ設定

CG-WLR300Nに繋いでいる任天堂DSやWiiもしくはPSPで何らかの通信エラーが発生する場合やパソコンでのアプリケーションでポート番号が不明な場合は、こちらで説明するDMZ設定をお試しください。注意二重ルータ環境の場合はこの設定を作成してもトラブルを解決する事はできません。まず自宅のインターネット環境が二重ルータ環境ではないかをご確認ください。

作業前に必ずDMZ指定する端末(ハードウェア)のIPアドレスを確認しておく必要があります。

DMZの設定手順説明

まずルータの設定画面を表示します。設定画面表示説明は前のページを参照下さい

設定画面が開いたらメニューの「詳細設定」から「DMZ」を選択します。

スポンサーリンク

以下のDMZ設定画面が表示されます。

DMZホスト項目の▲ボタンから、ポートを開くパソコンのIPアドレスを選択します。

一応もしもIPアドレスが複数表示されてどれを選んで良いのか不明の場合は一度IPアドレスを固定してしまいましょう。こちらをご覧ください

作業が完了出来ましたら「設定」をクリックして作業完了です。

設定説明は以上です。

スポンサーリンク

DMZを設定すると、優先的にDMZホストに指定した機器がポートを占有します。もし他に開きたいパソコン等が存在する場合は前のページにある個別設定を利用下さい。

指定するDMZ項目でIPアドレスが不明な場合は次の様にIPアドレスを固定して、DMZホストアドレスに192.168.1.50を選択して設定完了下さい。

主なハードウェアのIPアドレス固定設定画面表示とサンプル

固定するIPアドレス値

IPアドレス:192.168.1.50

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトルータ又はデフォルトゲートウェイ:192.168.1.1

DNS:192.168.1.1

上記の様に固定できましたら一度CG-WLR300Nの主電源を5分程度OFFとして、5分経過してから主電源ONにしてください。電源投入の後、1分程度してからインターネットへ正常に繋がるのでそれから通信が改善したかをお試しください。その上でDMZを固定した192.168.1.50に設定する事が出来ると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする