WBR-B11 WBR-G54 DMZ設定

DMZ設定は、ポートを開きたいパソコンやゲーム機器、ネット接続機器に仮想グローバルIPを割り当ててポートを全開にする事が出来る設定です。特にWBR-B11/WBR-G54にPSPやプレステ3もしくはネットワークカメラを繋いでポートを開きたい場合等に最適な設定です。

又は、パソコンで利用するアプリケーションのポート番号が不明な場合に使用できます。

パソコンの場合、全開にするとセキュリティが低下するので出来れば個別のポート開放設定アドレス変換設定を行う事をお勧めします。

DMZ注意事項

ポートは全て指定したIPアドレスのパソコンやネットワーク対応機器が占有する為、前ページで設定したアドレス変換での個別ポート開放設定は無効になります。

DMZ設定手順説明

設定画面の表示手順は前ページのアドレス変換設定を参照下さい

スポンサーリンク

ルータの設定画面を開いて、アドバンストメニューからネットワーク設定メニューを開いてアドレス変換メニューをクリックします。

以下の項目DMZのアドレス入力項目があるので、ここにポート全開したい機器のIPアドレスを指定入力するだけですい。

以下の様にパソコンやネットワーク機器のIPアドレスを入力して設定ボタンをクリックして設定完了です。

バッファロールータの場合複数機器が存在すると、電源投入順番によってアドレスが変動して割り当てられることがあるようなので

もしも万が一一旦開いてもまた閉じてしまう現象が発生する場合は、開放する機器のIPアドレスを固定して対応してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする