Web Caster WLBARAGF ポート開放の説明

Web Caster WLBARAGFと言うルータタイプのモデルをご利用時、オンラインゲームやWEBサーバ公開P2P等が利用出来ない場合、ルータのポート開放を行うと通信トラブルを解決することが出来ます。

ご注意)ルータのポート開放以外に、XPやVISTAご利用であればファイヤーウォールの設定変更又は解除とパソコンウイルス対策導入であれば、パーソナルファイヤーウォールの設定解除も併せて行う必要があります。

Web Caster WLBARAGFの設定画面表示方法

http://192.168.1.1/左記をクリック又は、InternetExplorerのアドレス欄に入力しEnterキーを押します。

以下の画面が表示されましたら、それぞれの項目に下記の内容を入力し、「OK」をクリックします。

ユーザー名 root

パスワード 空欄

設定画面が開きましたら、左メニューの「詳細設定」から「バーチャルサーバ」をクリックします。

バーチャルサーバにポート開放情報を入力します。

まずバーチャルサーバ右横の▼ボタンから「有効」に変更し「追加」ボタンをクリック

バーチャルサーバ設定項目説明

コナミのオンラインゲームUDP/5730から5739番までの開放サンプルで説明します。

バーチャル・サーバー 「使用する」へ変更します。

スポンサーリンク

接続先 プルダウンメニューからポート開放するパソコンのIPアドレスを選択します。

プロトコル ここはユーザー定義を選択(オリジナルポート番号を指定の場合)

入力開始ポート 5730

入力終了ポート 5739 (単一指定の場合5730と入力します。)

出力開始ポート 5730

出力終了ポート 5739(単一指定の場合5730と入力します。)

サービスタイプ UDPを選択。WEBサーバー関連の方はユーザー定義から選択するとTCPが自動選択されます。

以上の様に設定出来ましたら「設定」をクリックしてルータを再起動してください。

WEBCASTERの再起動手順

ルータ設定メニューの「システム設定」をクリックします。

システム設定画面が表示されます。再起動項目にある「実行」ボタンをクリックします。

初期化ボタンと間違えないようにしてください。

確認画面が表示されるので「OK」をクリックして設定完了です。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする