バッファロー WHR-HP-G プレイステーション3/4 ポート開放

バッファロー エアーステーションのWHR-HP-Gでプレイステーション3/4をインターネット接続している場合でフレンドの招待が出来ない方は以下を参照してPS3の基本ポートを開放してください。

但し、バッファロールータの場合二重ルータの恐れがあります。この場合こちらを参照しても正しくポート開放が出来ませんのでまずは二重ルータではないかを念の為確認してから設定下さい。二重ルータではないかの確認又はこちらのWAN側IPアドレス確認で二重ルータではない事を確認下さい。もしも二重ルータであった場合はWHR-HP-Gをアクセスポイントモード(ブリッジモードとも言う)に動作変更し、元にあるルータにポート開放設定を行って下さい

設定手順

まずPSのIPアドレスを以下の様に固定下さい。

注意:必ずUPnPは無効で設定して下さい。

IPアドレス:192.168.11.150

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトルータ:192.168.11.1

DNS:192.168.11.1

バッファロー側の設定

パソコンからまずルータの設定画面を表示します。

設定画面が表示されましたらメニュー上の「ゲーム&アプリ」メニューを表示して下さい。

表示された画面の左上ポート変換メニューをクリックします。図の項目が表示されますのでここに開放したいポート番号や開放するパソコンまたはインターネット接続対応の機器のIPアドレス情報を入力して設定します。

まず基本ポート設定の方を行ってください。

グループ:新規追加 ps80

WAN側IPアドレス:絶対変更してはいけません。

プロトコル:任意のTCPポートを選択します。

任意のTCP/UDPポート:80

LAN側IPアドレス:192.168.11.150

LAN側ポート:空欄

スポンサーリンク

入力が完了出来ましたら新規追加をクリックして次の値を設定下さい

TCPの443番を図の様に設定下さい。

注意:新規追加名は作成するアドレス変換名全て同一名では設定出来ないので追加の都度以下の様に変更して作成下さい

次にTCPの5223番を図の様に設定下さい。

基本のTCPポートは以上です。次にUDPを作成します。

UDPの3478と3479を作成します。3478-3479(ハイフン)で区切って指定下さい。

次にUDPの3658番を作成します。

以上までがプレイステーション3でオンラインでフレンドを招待する為に必要なポート開放設定です。特にUDPの3658番はP2P接続でネット対戦する際に必ず開かないと行けないポートになります間違いない様にまた重複のない様に設定を完了させてください。

以下は個別コンテンツで開く必要のあるポート番号とプロトコルです。何れのコンテンツも必ず上の設定が完了していないと正しくオンライン通信で楽しむことが出来ないのでご注意下さい。

COD専用

UDPの3074と3075を開きます。ハイフンで区切って下さい。以下の追加設定のみでCODを楽しむことが出来ます。

バトルフィールドバッドカンパニー専用

バッドカンパニーは基本ポートのみで構わないのですが、ヘッドセット利用でボイスチャット利用の場合以下のUPDの6000を追加設定下さい。

メタルギアソリッド専用

メタルギアの方は以下のUDP側と、もう一つTCP側の設定2つを追加下さい。

まずUDPの5730-5739の設定を追加下さい。

次にTCPの5730から5733まで開く設定を作成します。

任意のTCPポートです間違えないようにして下さい。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする