WMX-GWMR WiMAXルータ ポート開放

WiMAX回線を使用するIOデータ製品のブロードバンドルータWMX-GWMRのポート開放説明とその他の設定関連の説明です。ご契約は別途ルータ設定画面から契約という形になります。無線設定は手動で行う必要があるのですが、LANポートも搭載しますので有線LANでも設定可能です。また電波問題なければ何処にでも持ち運んでインターネットに繋ぐことができます。仮にPSvitaを3G契約しなくてもこれがあれば何処でもWi-Fi通信させて楽しむことが可能です。

仕様とマニュアル関連

  • LANポート1、パソコンを有線LANで繋ぐことが可能です。HUBでLANポート分割可能
  • IEEE802.11b/gに対応bは11mbps、gは54Mbps最大値です
  • WEP対応
  • WPA/WPA2暗号化対応、デフォルトWPA暗号化設定です
  • Android、iPhoneスマートフォン対応
  • 各種タブレットWi-Fi対応
  • DS、PSPそれにWiiそれにPSvita対応です
  • WiMAXとの契約になります。アマゾンでも購入できますWMX-GWMR
  • 契約するにはマニュアルのSTEP6を参照
  • ファームウェア(製品サポート)

スポンサーリンク

IPアドレスを固定する

ポート開放する場合はパソコンやその他家庭用ゲーム機のIPアドレスを固定します。以下の様に固定してください。この値で説明していきます。

IPアドレス:192.168.0.60

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ、もしくはデフォルトルータ:192.168.0.1

DNS:192.168.0.1

代替DNS:空欄で。

GoogleパブリックDNS8.8.8.8/8.8.4.4を設定しても構いません。

ポート開放する

設定画面左側のメニュー詳細を開き、開いたページのポートの開放から必要な情報を入力します。

スポンサーリンク

ここのネットワークやサーバを公開するときに設定しますに必要な情報を入力していきます。必ずポート開放を有効にするにチェックを入れてください。

  1. 設定名、任意。例any
  2. 公開する機器のIPアドレスは冒頭案内した固定IPアドレスです。
  3. プロトコルはアプリケーション指定のTCPかUDPを選択します
  4. LAN側ポート番号はポート開放したいポート番号(備考1)
  5. インターネットポート番号は同様のポート開放するポート番号(備考2)

備考1、LAN内で使用するポート番号です。備考2、インターネット側で待受するポート番号です。それぞれポート変換させることが可能です。例えばLANのカメラ80番アクセスですが外部からは8888でアクセスさせたい場合はLAN側80、インターネット側を8888と設定します。

設定サンプルと致しまして80番サーバ設定例を説明します。ポート開放の練習にANHTTPDサーバソフトを導入し次の設定を作成しポート開放出来るか試してみましょう。

  1. 名前:任意、例http
  2. 公開する機器のIPアドレス192.168.0.60
  3. プロトコルTCP
  4. LAN側ポート番号80
  5. インターネット側ポート番号80
  6. 設定

以上で設定完了です。

UDPポート例えば30000をポート開放したい場合は以下のように設定します。

  1. 名前:任意、例xlinkai
  2. 公開する機器のIPアドレス192.168.0.60
  3. プロトコルUDP
  4. LAN側ポート番号30000
  5. インターネット側ポート番号30000
  6. 設定

以上で設定完了です。後はUDPポートチェックを行なって下さい。

その他の設定

その他の設定説明です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする