BLR-TX4 プレイステーション3/4 ポート開放

BLR-TX4にプレイステーション3/4を繋いでいてフレンドの招待が出来ない場合や、オンラインコンテンツに繋いでもすぐに切断される場合はPS3のポート開放を行う事で解決する事ができると思います。ただ、気がかりなのはルータが古いという点です。比較的旧式ルータはファームウェアの出来が余りよくないのでポートを開放してもトラブルを解決できない場合はルータの買い替えをお勧めします。
PS3をまだインターネットに繋いでない方含めて新型ルータを簡単につなげることが出来るページを一度ご覧ください(プレイステーション3 インターネット接続

リモートプレイ関連でご覧頂いている方はこちらの一つを設定頂くだけで解決できますのでお試し下さい

準備

まずパソコン側のIPアドレスを固定してしまいます。

注意:固定作業時UPnP設定ですが無効でお願いします。

IPアドレス:192.168.0.101

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトルータ:192.168.0.1

DNS:192.168.0.1

スポンサーリンク

設定手順

パソコンからまずルータの設定画面を表示しアドレス変換設定画面を表示します。設定画面表示方法は前のページBLR-TX4 ポート開放をご覧ください。プレイステーション3から設定され得る場合は(プレイステーション3 ルータの画面を開く方法を参照)

アドレス変換設定画面が表示されたらまず基本ポート設定の方を行ってください。全部で5項目作成します。

ポート:任意のTCPポートを選択します。

任意のポート:80

LAN側IPアドレス:192.168.0.101

入力が完了出来ましたらアドレス変換テーブルに追加をクリックして設定ボタンをクリックします。この手順で残り4つの設定を作成下さい。

任意のTCPポートの443番を追加

任意のTCPポートの5223番を追加

スポンサーリンク

プロトコル任意のTCPはここまでです。次の設定は任意のUDPポートになるので間違えないように設定下さい。

任意のUDP3478と3479を作成します。3478-3479(ハイフン)で区切って入力します

任意のUDPポートの3658番を作成します。

以上までがプレイステーション3でオンラインでフレンドを招待する為に必要な基本ポート開放設定です。設定が完了したらPS3のオンライン対応ソフトもしくはコンテンツでフレンドの招待が正しく出来るようになったかを確認下さい。

次に以下は個別コンテンツで開く必要のあるポート番号とプロトコルです。個別コンテンツには、メタルギアソリッドとコールオブデューティー、後はEAゲーム全般で使うボイスチャット用の設定になります。

メタルギアソリッド専用

メタルギアのホストを立ち上げる方は以下のUDP側と、もう一つTCP側の設定2つを追加下さい。

UDPの5730-5739の設定を追加下さい。

TCPの5730から5733まで開く設定を作成します。

任意のTCPポートです間違えないようにして下さい。

EAゲーム専用ボイスチャット用ポートです

ヘッドセット利用でボイスチャット利用の場合以下のUPDの6000を追加設定下さい。

COD専用

UDPの3074と3075を開きます。ハイフンで区切って下さい。以下の追加を作成しないとホストを立ち上げる事ができません

リモートプレイのポート開放

任意のTCPポート9293番を一つ作成してください。(2009年5月付け追記事項、ソニー公式でUDPも同一番号を開く必要があるとアナウンスが追加されました。もし上手くいかない場合はUDP側も同番号を作成下さい。)

使い方やアクセス手順はこちらのリモートプレイ説明を参照ください。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする