WN-APG/BBR DMZ設定

WN-APG/BBRに繋いでいるPS3やPSVITAそれにWiiUのポート開放を簡単に設定できるDMZサービスの説明です。NATタイプ3問題、フレンドを招待出来ない問題、映像を使った双方向サービスが使えない問題を改善することができると思いますので、もしもインターネット双方向通信サービスで問題が有る場合は適用してみてください。

準備IPアドレスを固定しルータの設定画面を開く

DMZを適用するPS3や任天堂Wiiもしくはその他クライアントのIPアドレスを固定して下さい。

スポンサーリンク

任天堂端末基準で説明してます。

IPアドレス:192.168.000.080

サブネットマスク:255.255.255.000

スポンサーリンク

デフォルトルータ(又はゲートウェイ):192.168.000.001

プライマリDNS:192.168.000.001

セカンダリDNS:008.008.008.008(プレイステーション関連はセカンダリDNS不要です。0.0.0.0として下さい。)

固定できたらインターネットに繋がるかを念の為確認下さい

DMZ説明

WN-G300DGRの設定画面を開いてください。WN-APG/BBR ポート開放を参照

設定画面が開いたら左側のアクセス制御を開きます。

アクセス制御を開いたら、上メニューのDMZを開きます。次の様に設定して下さい。

  • 機能を有効にチェックを入れます。
  • IPアドレスに192.168.0.80
  • 設定ボタンを選んで作業完了です。

以上で設定完了となりますので、後はポートチェックせずに、オンラインコンテンツのルーム内からNATタイプの改善、またはフレンドを招待出来るか、もしくは映像が出るようになったか等でポート開放されているかをご確認下さい。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする