WN-APG/BBR ポート開放

WN-APG/BBRは2006年発売の無線ブロードバンドルータで、IEEE802.11aに対応する他、802.11b/g無線規格にも対応します。基本的にはDSやWiiU、スマートフォンにPSVITA等のゲーム端末をWi-Fi無線に繋ぐ事が可能です。パソコンももちろんインターネット同時接続に対応は可能ですが、2013年主流の光ブロードバンド、フレッツ光ネクストや隼、それにauギガビット、eo光200Mbpsコース以上、JCOM160Mbps、その他ギガビットインターネットに使えますが最大通信速度は100Mbpsまでとなります。(100BASE-TXまでの規格対応となる為)。この製品のポート開放をする前に、通信自体に問題が有る場合(Wi-Fi設定含む)は、ファームウェア(Windows用)をアップデートしてみてください。ポート開放しなくても通信の方が改善する場合があります。

設定画面を開く

まずルータの設定画面を開きます。

http://192.168.0.1/このアドレスをInternetExplorerのアドレス欄に直接上記のアドレスを入力してEnterキーを押してください。

ゲーム端末で設定を変更加える場合、端末別ルータ設定画面開き方を参照

ログイン画面が表示されるので、ユーザー名にadmin、パスワードは空欄でログインすれば設定画面を表示することが可能です。

スポンサーリンク

準備IPアドレスを固定する

ポート開放スル方は、IPアドレスを下記の様に固定してください。

IPアドレス:192.168.0.50

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ、もしくはデフォルトルータ:192.168.0.1

DNS:8.8.8.8

代替DNS:8.8.4.4

固定出来たらパソコンを必ず再起動下さい。

IPアドレス固定例は以下の方を参考に設定下さい。

ポート開放する、仮想サーバ

仮想サーバに、任意のポート番号を指定して設定を追加します。(上メニューはLAN設定です)画面左のアクセス制御を開きます。

スポンサーリンク

図と同じ仮想サーバに必要な情報を入力してポート開放設定を作成します。

  1. 項目、有効にチェック
  2. 名前、特に空欄で構いません。
  3. プロトコルはTCPかUDPを指定
  4. LAN側ポート番号、ポートを開放する番号
  5. WANポート番号、同じく開放したいポート番号
  6. サーバIPアドレス、192.168.0.50(サンプルパスです。)
  7. 最後に追加を選んで作業完了です。

設定例としてサーバを使って試してみる手順です。サーバソフトはインストール不要のANHTTPDを使えば簡単に通信テストを行うことが可能です。

  1. 項目、有効にチェック
  2. 名前、特に空欄で構いません。
  3. プロトコルはTCP
  4. LAN側ポート番号、80
  5. WANポート番号、80
  6. サーバIPアドレス、192.168.0.50
  7. 最後に追加を選んで作業完了です。

その他の設定例

Minecraftなどご質問の多いコンテンツの設定例です。

  1. 項目、有効にチェック
  2. 名前、特に空欄で構いません。
  3. プロトコルはTCP
  4. LAN側ポート番号、25565
  5. WANポート番号、25565
  6. サーバIPアドレス、192.168.0.50
  7. 最後に追加を選んで作業完了です。

その他、UDPプロトコルを使うコンテンツ東方緋想天の設定例です。

  1. 項目、有効にチェック
  2. 名前、特に空欄で構いません。
  3. プロトコルはUDP
  4. LAN側ポート番号、10800
  5. WANポート番号、10800
  6. サーバIPアドレス、192.168.0.50
  7. 最後に追加を選んで作業完了です。

設定を追加出来ましたら、UDPポートチェックツールを取得して手動ポート10800と入力し回線チェックして下さい。

その他、無線LAN設定や繋がらないなどの問題

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする