WZR-1750DHP DMZ設定

WZR-1750DHPに繋いでいるPSVITAやプレイステーション3のNATタイプをオープンに切り替えたい、WiiU、それにXBOXのポート開放を簡単に設定できるDMZサービス適用の説明です。又は、パソコンでもどうしても利用できないサービスなどが有る場合DMZ(ポート全開となるのでセキュリティに注意下さい。)を摘要することで簡単に利用できる様になる事もあります。

準備 IPアドレスを固定します

設定前に必ずDMZ指定するクライアント(PSP等)のIPアドレスの固定を完了しておいてください。任天堂関連の端末は空欄になる場所を0で埋めてください。例、192.168.011.002等

IPアドレス固定例

IPアドレス:192.168.011.070

サブネットマスク:255.255.255.000

デフォルトゲートウェイ又はデフォルトルータ:192.168.011.001

プライマリDNS:192.168.011.001

セカンダリDNSは空欄または000.000.000.000で構いません

各種クライアントの設定画面表示サンプル。まだインターネットに繋いでない方はこちらを参照頂く事で簡単に繋がります。インターネット 接続 繋ぎ方

スポンサーリンク

スポンサーリンク

DMZ設定手順の説明

バッファロールータの設定画面開いて(WZR-1750DHP ポート開放を参照)、アドレス変換メニューを開きます。ゲーム機から設定され得る場合は(プレイステーション3 ルータの画面を開く方法 / WiiUでルータの設定画面を開く手順を参照)

ルータの設定画面が開いたら、詳細設定に切り替えて下さい。

詳細設定に切り替えたら、セキュリティを開きます。

セキュリティメニュー一覧からDMZメニューを開きます。

DMZのアドレスに次の様に入力して設定ボタンを選んで頂ければ作業完了です。

DMZを無効化にする場合は、設定したIPアドレスを消して空欄にした状態で設定ボタンを選んでもらえれば無効化とする事が出来ます。

UPnPを無効化

DMZを適用してもポート開放できない場合や通信が不安定となる場合はUPnPを無効化にしてポート転送競合を回避させてみて下さい。セキュリティの同メニューに有るUPnP項目から、使用するのチェックを外し、右下の設定ボタンを選んで無効化完了となります。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする